雲の合間から… (2)
Lake Shikotsuko, Mt. Tarumaesan and Mt. Eniwadake

苫小牧上空付近から支笏湖、左手奥には羊蹄山が見える。
新千歳空港行きではなく旭川行きのため、この付近でもまだ十分高度は高く、西日本から旭川や女満別への便だと千歳行きより支笏湖に近い経路を通ることが多い。
関西から北海道方面の便に乗る場合、進行方向左手のA席だと途中ずっと日本海の景色になってしまうので、中部山岳地帯を越えて日本海に抜けるまでと、白神山地から津軽海峡を抜けて北海道あたりが景色ポイントになる。
この日は大阪付近に少し雲の切れ間があった(前記事写真)以外は、本州はほとんど雲海のみ。
僅かに北アルプス北部から日本海に抜けるまでと竜飛岬付近がうっすらと見えた以外は、苫小牧付近に来るまでロクに景色は拝めなかった。
とはいえ、天気があまりよくない中、少しでも見られたのは嬉しく、そして北海道へまたやってきた〜という気分になる。
[PR]
by dbl-h | 2009-05-14 12:56 | 最近の1枚
<< 雲の合間から… (3) 雲の合間から… (1) >>