DMC-G1 × 飛行機@千里川 (8)
Test of DMC-G1 shooting the airplane (7) ANA's A320-200

千里川@伊丹空港での広角ショットと言えば、最も有名なのがこのアングル。
直陸寸前の飛行機が頭上すぐ上を通過した直後を、広角で大きく飛行機を入れて撮影…
のはずなのだが、DMC-G1 の AF-C 追従能力では、ここまで離れたところで合焦すれば何とか、という状況。
それゆえに、千里川×超広角レンズで撮るような、目一杯飛行機を入れて撮るというわけにはいかない。
滑走路中央線延長線上に立って反り返るように着陸してくる飛行機を待ち、ファインダー内に飛行機を捉えると同時に、飛行機を追いかけつつ AF-C を追従させて合焦したと同時にシャッターを切るのだけれども…
一瞬で合焦してくれる(それなりのお値段な)一眼レフとは違って DMC-G1 では、ここまで離れてから合焦する確率が2分の1〜3分の1。
すぐ頭上を高速で移動し、なおかつ飛行機底面は暗いために合焦はしにくい。
コントラスト式AF には、まだまだ厳しすぎる条件。
そんなことは判ってはいるけれど、DMC-G1(そしてミラーレス機)のコンパクトさは何にも得難いものなので、将来の技術進歩には期待してしまう。
だから、ついついチャレンジしてしまう。
少しでも何とかならないものだろうか?と。
[PR]
by dbl-h | 2009-06-02 12:11 | 最近の1枚
<< DMC-G1 × 飛行機@千里... DMC-G1 × 飛行機@千里... >>