E-P1 テスト撮影 (2)
E-P1 first test snap 3 (@Umeda, Osaka)

このくらい縮小していると目立たなくなっているが、ISO200(ISO Auto 指定)にも関わらず、暗部にかなりのノイズが乗っている。
これは初期設定の階調設定がオートになっていて、暗部が持ち上げられていることによる。
マニュアルには、階調設定は特に意図するとき以外は標準(暗部補正をしない)にしておくように書かれているにもかかわらず、デフォルトの設定ではオートで暗部補正をするようになっている。
この他、ボディ内手ぶれ補正搭載が売りなのに、初期設定では手ぶれ補正がオフになっている。
また、変則的ではあるが2ダイアル搭載も売りにしているのに、マニュアルモード以外のプログラム、シャッター速度優先、絞り優先の各モードでは、2つのダイアルどちらを回しても同じ、つまり通常なら1つのダイアルは露出補正に割り当てられるものだが、それは自分で設定を変更しないといけないし、その変更を行うメニューを出すのに、さらに変更を行わなければならない。
と言った具合に、E-P1 の(というよりオリンパスの)デフォルト設定には、頭をかしげるものが多々ある。
いったい何を考えて、こうしているのか…と。

【7/11 追記】等倍画像ファイルを見られるようにした。等倍画像は、こちらのページの「オリジナルサイズを表示」リンクからどうぞ
[PR]
by dbl-h | 2009-07-05 02:18 | 昨日今日の1枚
<< E-P1 テスト撮影 (3) E-P1 テスト撮影 (1) >>