E-P1 日常スナップ (2)
E-P1's snapshot at twilight 1

コンパクトデジカメ代わりに E-P1 を持ち歩くことの利点は画質の良さ、特に高感度画質の圧倒的な差にある。
フルサイズ、APS-H 素子を搭載した大きなデジタル一眼の画質や高感度耐性に比べて劣っていても、コンパクトデジカメとは比較にならないほどの良さがある。
ISO 1600, 3200 といった領域でなく、頻繁に使うこともあるであろう上記写真のような ISO 400 域での画質の差を見ると、E-P1 を持ち歩いて撮って良かったな…と思える。
反面、17mm F2.8 パンケーキレンズを付けての最小限の体制でも、コンパクトデジカメ代わりにするには大きく重たい。
レンズキャップ式だから撮る前にレンズキャップも外さなきゃならないし、AF もハッキリ言ってコンパクトデジカメ並み。
ぶっちゃけ、サッと取り出してサッと撮る、というコンパクトデジカメ感覚のスナップ用途では、コンパクトデジカメよりも時間がかかる。
画質を求めて大きさ、重さだけを我慢すれば…と思っていたのだが、意外とサッと取り出してサッと撮る、という E-P1 のコンセプトから本来求めてもおかしくないであろう部分に関して、実のところ E-P1 はさほど優れないことに気づく。
[PR]
by dbl-h | 2009-07-21 13:17 | 最近の1枚
<< E-P1 日常スナップ (3) E-P1 日常スナップ (1) >>