五箇山・相倉合掌造り集落 by E-P1 (2)
Gokayama Aikura historic village by E-P1 (2)
(E-P1 + M.Zuiko 17mm F2.8)

DMC-G1 を使い始めた頃から、マイクロフォーサーズは遠景の風景など細かい解像感を要求するものは苦手だと感じていた。
それは結局 E-P1 でも特に変わらず、色々な撮って出し画像を見る限りはマイクロじゃない方のフォーサーズでも似た印象があったので、フォーサーズ系の特性なのかな、と思っている。
ともあれ、DMC-G1 と同様 E-P1 は昨日の写真や、その前の梅田の写真のような、近くの主被写体のない風景写真を撮ると、う〜ん…という感じになる。
少なくとも等倍で見て納得できるような解像感は得られないことが多い。
それに輪をかけて、M.Zuiko 17mm F2.8 という癖玉は、遠景を苦手とするようだ。
加えて、水蒸気が多いなど空気の状態が悪いと、途端に描写が悪くなる。
もちろん、どのレンズも悪くなるのだけど、その落差が酷い。
そんなわけで撮ってみないと判らない、予測がつかない、というところはあって、スナップ用のレンズだけど、むしろ油断ならなさすぎて使いづらいという印象が、1ヶ月使っての正直なところ。
昨日のような写真だとコンパクトデジカメ以下かも…?という写真になるが、今日のような写真だと「まぁコンパクトデジカメよりはマシだよね」というくらいにはなるわけで、難しい。
とはいえ、見た目も、実際のコンパクトさも E-P1 に付けるのに一番ふさわしいレンズだから、どうしてもこれとのペアで持ち歩くことは多いのだが…(2番目は LUMIX G. VARIO 7-14mm F4.0)
[PR]
by dbl-h | 2009-08-02 11:43 | 最近の1枚
<< 五箇山・相倉合掌造り集落 by... 五箇山・相倉合掌造り集落 by... >>