夏の終わり、秋の始まり
the dusk of a certain day
(E-P1 + M.Zuiko 17mm F2.8)

購入直後どころか、購入前から散々批判的に感じてきた E-P1。
今でも不満は多いし、どこからどう見ても良いと思えるカメラではないけれど、発売日から2ヶ月近くの間ずっと、頑張ってできるだけ使ってくると、さすがに少しは手に馴染むようになってきた。
この秋〜冬に出ると言われる、パナソニックのコンパクトスタイルなマイクロフォーサーズ機(GF1?)やオリンパスの2号機(E-P2?)が、どのようなものになるかは判らないが、少なくとも GF1 に画期的な何かがない限り、しばらくは E-P1 で行こうかな?と思っている(DMC-G1 は勿論そのまま所有)。
というのも、EVF は絶対必要だと思っているけれど、ホットシューに付けるような外付け EVF なら使わないことに気づいた。
過去に GR Digital にしろ、DP-1 にしろ、外付けビューファインダーを付けた試しがない。コシナの 28mm ビューファインダーは持ってるけど、全く出番がない(E-P1 パンケーキレンズキットのファインダーは一度も使ってない)。
EVF ならビューファインダーと違ってパララックスがないから有効に使えるだろうけど、実際自分がどれほど外付け EVF を使うか、冷静に考えると疑問になる。
ああいうオールドスタイルな見栄えが好きな人には良いかもしれないが、私には見栄えが良いとは全く思わないので(はっきり言えばヲタクっぽいだけ)、スタイル的に外付けファインダーが好きというわけじゃない。
そして何と言ってもホットシューにファインダーを付けると、バックへの収納性が一気に悪くなる。
外付け EVF を付けるくらいなら DMC-G1 の方が、ずっとスマートだ。
と考えると、別に外付け EVF はどうでも良くなった。
使い勝手とか AF とか不満は多々あるけど(デザインも好きじゃないし、持ち上げられ方はどうかと思うし)、もう一回りコンパクトになるとか、画質が目に見えて向上したとか、そういうのがあるまで待っても良いかな、と思うようになった。
ま、他にも色々と新製品が出て、出費が嵩みそうな秋だしね。
…E-P1 を使い続けるなら M.Zuiko 14-42mm を買おうかと思うのだけど、それと同時に「品薄の間に売っちゃった方がいいかも…」なんていう内なる声もあったりするが(笑)
[PR]
by dbl-h | 2009-08-28 22:55 | 最近の1枚
<< 特急「ふじかわ」車窓 白川郷・荻町合掌集落 by D... >>