地震の朝
at predawn @Kofu City, after the earthquake's happening
(E-P1 + M.Zuiko 17mm F2.8)

盆に甲府へ出張中、東海沖の地震があった。
夜明け前の熟睡の中、ホテルの部屋も身体も大きく揺さぶられた。
夢か?と思いつつも、阪神大震災の時の経験があったために、瞼が開かず寝ぼけて頭が働かない中でも、これは現実の地震だ…と感じていた。
甲府は震度4だったが、ホテルの7回だったせいか、それなりに揺れた。
揺れが収まり、テレビを点けるとともに時計を見ると5時を回ったところだった。
あの阪神大震災を思い起こさせる時間だった。
当然、予測されていた東海大地震か関東大震災の再来だと思ったので、東海地方や数日後に行く予定だった東京の被害が気になったが、幸いにも大きな被害がなかった。
それでも、阪神大震災の時の記憶がまだ薄れ切っていない私には、もはや寝ることはできず、なんとなく窓から夜明け前の空を撮っていた。
[PR]
by dbl-h | 2009-08-30 12:30 | 最近の1枚
<< 甲府舞鶴城公園にて (1) 特急「ふじかわ」車窓 >>