再び伊丹スカイパークで EOS 7D 試し撃ち (2)
EOS 7D Test shot Again @RJOO (2) ANA's B737-800
(EOS 7D + EF 70-200mm F2.8L IS USM)

EOS 7D も発売されて3週間近くが経ち、それなりに馬鹿売れしているということもあって、7D を使っている人を見かけることも出てきた。
特に飛行機撮りには最適な機種ということもあって、伊丹スカイパークなど空港の周りで撮っていると、もはや見かけることは珍しくない。
昨日もスカイパークで2人、EOS 7D で撮っている人を見かけた。
レリーズサウンドが特徴的なので、白レンズでシャッターを切ってると、まず間違いなく判る。
もっともプロも顔負けのアマチュアシューターが揃う伊丹ベースだから、7D どころかフラッグシップ機の 1D Mark III も発売直後から珍しくない存在ではあった。
まぁ、そんなことは別に良いのだけど、「お?7D の人がまたいるわ」と思った直後、着陸機の構図を考えつつレンズを構えたら、その前に同じ 7D を持ったユーザーに被られたのには、ちょっとピキピキときた。
飛行機だけでなく何を撮るにしても、人が構えているところ、立ち位置からおそらくは狙っているであろうところに被ってきて撮るのは、同じ写真を撮るものとしてマナー違反もいいところだろう。
これが写真を撮る人でもなんでもない、普通の通行人なら仕方ないし、私の方が文句を言う筋合いではない。
というか、アマチュア・カメラマンで通行人に文句を言ったり、舌打ちをしているカスがいるけど、そんな輩は論外である(狭い歩道にデカい三脚立ててるボケは、カメラごと倒されても文句を言うべきじゃないね)。
けれど、同じ写真を撮る人間、特に同じ被写体を追いかけている人間なら、何故そこにで立って、何故そっちの方向を向いているのか?それが判りそうなのに、そこに被ってくる神経が判らん。
7D + 70-200 F4L を使ってるくらいだから、ごくごく初心者というわけでもないと思うから、尚更だ。
考えられるとするなら、本人が何にも考えずに写真を撮っているのから、人が何故そこに立って撮ってるかも判らないのか、それとも単なる馬鹿なのか。
いずれにせよ、ちょっとイラッと来ることではあった。
それくらいで怒っていても仕方ないのだけど、同じ 7D 使いだっただけに、ちょっとね…
[PR]
by dbl-h | 2009-10-22 17:17 | 昨日今日の1枚
<< 再び伊丹スカイパークで EOS... 再び伊丹スカイパークで EOS... >>