梅新東交差点歩道橋上
On a pedestrian overpass
(PowerShot S90)

中之島から梅田某所へ歩いて移動する途中、なんとなく撮ってみた一枚。
ここ数カ月、こういった適当スナップ写真には E-P1 を使っていたが、パンケーキレンズを使ってもポケットに入れるには少々大きかった(たとえ、コートのポケットでも)。
S90 は E-P1 の代わりに買ったわけではなく、たまたま時期が重なっただけだったが(E-P1 は E-P2 が発表直前という情報を掴んで売却、S90 は全く別の個人的事情から2週間後に購入)、結果的に日々の持ち歩きカメラが E-P1 から S90 になったのは良かったことだった。
E-P1 の方が画質面で有利なのは事実だが、ぶっちゃけパンケーキレンズの描写を考えれば、パッと見は圧倒的とも言えないし、このサイズ程度では変わらない。
大きく違うのはラチチュード、特に白飛び耐性でこればっかりはどうしようもないが…
高感度耐性も1段もない感じだし、E-P1 の鈍足 AF だと AF速度は大差ないし、思っていたほど落差がなくて拍子抜けした。
F100fd の時には「コンパクトは所詮コンパクト」と思っていたし、今回も S90 を買っては見たものの画質面が…と嘆くと思っていたのに、そうでもなかった。
画質面、特に高感度耐性については DMC-G1 も同じで(というか G1 は E-P1 より落ちる)、マイクロフォーサーズはもうちょっと画質、高感度耐性を頑張らないと、APS-C には差を広げられてるし、コンパクトデジカメからは追い上げられてるし…と思う。
レンズ交換はもちろん魅力だが、それなりに画質面での有利さも確保して欲しいものだ。
[PR]
by dbl-h | 2009-12-22 10:30 | 最近の1枚
<< ビルの谷間のお初天神 大阪・中之島にて (2) >>