錦帯橋を歩く #2
walking in the arch (Kintai Bridge)

GXR を使ってきて、色々と“本来こうあるべき”“これくらいあって然るべき”と思う不平不満は多けれど、無闇に多機能を望むことはない。
が、唯一「GXR に似合うかどうか判らないけど、あれば良いのに…」と思うのが、バリアングル液晶。
たぶん GXR を使い始めて1ヶ月で、「バリアングル液晶があれば…」と思ったのは、10回や20回ではない。

別にローアングル大好きでもないが、いつも持ち歩いてる超小型三脚代わり「Modopocket」を使うと、バリアングル液晶が欲しくなる。
錦帯橋の上では Modopocket を使ったわけではないが、やはりこういう構図を考えたら欲しくなる。
というか、こういう構図は誤解されやすいゆえ、一瞬かつ一発で撮りたいから、ちゃっちゃと、でもファインダーをパッと見て決めたいのだ。

DMC-G1 と E-P1 両方を持ち歩いていた経験からすると、バリアングル液晶はコンパクトの方がより使い勝手が増すように思う。
でも、バリアングル液晶にすると本体が重たくなって分厚くなってしまうから…
というのは SONY NEX が打破してくれた。
期待してないが、リコーにも頑張ってもらいたいものだ。
[PR]
by dbl-h | 2010-11-25 22:40 | 最近の1枚
<< 島耕作バス 錦帯橋を歩く >>