島耕作バス
Shima Kosaku Bus (Special painted Iwakuni City bus)

岩国駅に着いて、さて錦帯橋までバスで行くか…と思って、やってきたのがこのバス。島耕作バス。
なぜ島耕作なのか?は、写真を見ての通り。
なのだが、このバス、単なる路線バスだけど、単なるラッピングバスじゃない。

車内アナウンスでは「毎度、岩国市営バスならびに島耕作バスにご乗車ありがとうございます」と、島耕作を含めてアナウンスはするし(英語でも!)
なぜ島耕作バスなのか、経緯を含めてアナウンスする上、運転手背後の液晶モニターでは停留所案内以外に、島耕作と弘兼憲史の紹介をする。
ラッピング(塗装)だけなら「へぇ〜」と感心して終わるが、そこまでのやりように少々興奮して twitter で実況しまくってしまった(^^;)

正直、錦帯橋より島耕作バスの方がずっと印象深かった(笑)

この島耕作バスは、JR 在来線岩国駅と新幹線新岩国駅を結び、市内中心部を走る単なる路線バスだが、帰りに確認すると1台のみだった。
それがたまたま、駅でバス待ちしていたら来たのだから、かなりラッキーだった。
一応、他にも「きんたいバス」、レトロ風の「いちすけ号」という2台の特別塗装のバスが走っているが、やっぱりインパクトは、島耕作バス!
[PR]
by dbl-h | 2010-11-26 23:58 | 最近の1枚
<< 惜別の声響く 万博の丘 錦帯橋を歩く #2 >>