晩秋燃ゆる恵山
Mt. Esan with scarlet-tinged leaves

先日、ふと気づいたのだが、このブログの更新を再開してからアップしている写真は、かなりの比率で縦構図になっている。
もちろん、特に意識して選んでいるわけではなく、多少なりとも人に見せられなくもないかな?という写真を選んでいる過程で、結果的にそうなっている。

今日含めて5枚、連続して掲載している EOS 7D の写真は全て縦構図であり、
気になって1ヶ月前の北海道行きで 7D で撮影している写真を見たら縦構図がかなりの比率を占めていた。
普段、縦構図で撮ることの多いサッカーのせいかもしれない(飛行機は横が多いけれども)。
EOS 7D は購入以降、縦グリップを外して撮ったことは数えるほどしかなく、普段もまず外さない。
EOS 1D Mark III でフルサイズボディに慣れてからは、完全に縦グリップがあって初めて自分のカメラになっている。

しかし縦グリップのない GXR でも縦構図写真を、それなりの比率で撮っている。
小さなボディでもグリップが良いせいでもあるし、撮り方として一眼と変わらない感覚で撮っているせいでもあるかもしれない。

いずれにせよ、初心者の頃のように横でしか撮れない、縦はどこかしら苦手、と感じていた頃からすると、今は「初心者に毛くらいは生えたかな?」と思うのである。
[PR]
by dbl-h | 2010-12-03 22:12 | ちょっと前の1枚
<< 戦いの前の静けさ 晩秋を走る単行列車 >>