彩る光、撮る光
everybody walking to the illumination

今日閉幕した神戸ルミナリエ 2010、先週行った際の写真から。
ルミナリエのイルミネーションとともに、それを撮る携帯カメラ・コンパクトデジカメの背面液晶が多く光る。
ルミナリエが始まった頃には、こういう光景はなかったな…と、しみじみ思った。

ルミナリエでは特に写真をちゃんと撮ろうとか全く思ってなかったので、GXR + A12 28mm F2.5 で撮っていたものの、撮影した写真は昨日まで放置していた。
で、昨日になって撮影した写真を見て、思い出した。
「GXR は点光源に対する AF が、まるっきり駄目だったんだよ…」

先月函館に行った際、ブログでは色々 A12 系ユニットを褒め倒していたけれど、点光源に対する AF が話にならなかったのを痛感していた。
100% ダメとまでは言わないが、とにかくピンぼけ率が尋常じゃなく、ジャスピンで合うことがかなり少ない。
思えば、GR Digital も R4 も駄目だった。駄目だったけど、未だに変わってないのかよ!と思う。
フォーカシング時のジージー音といい、リコーは進歩しないのか?それともできないのか?不思議に思う点が幾つかあったりする…
[PR]
by dbl-h | 2010-12-13 22:26 | 最近の1枚
<< 神戸ルミナリエ 2010 メイン会場 群衆 >>