憧れを見つめるように…
What he watches …

1時間に1〜2本しか来ない列車を、父親に連れられて見に来た子供。
自分の幼き頃を少し思い出す。
父親のカメラを借りて、最初に撮った写真は電車だった。
もっとも、中学校以降は鉄分も少なくなり、カメラも写真も嫌いになって、カメラを持つことは20年以上なかったけれど。

そういえば、昨日 ISO 6400/12800 で撮った写真画像を見せてもらって驚いた K-5、
巷の評判はどんなのだろう?と某所や某所を見てみたら、なんか不具合だかなんだか全然予想してなかったことで荒れまくってて驚いた。
最近は、どの機種でも何かと大変というか何というか。

なんか、自分の持ってるカメラが一番じゃないと嫌、とか、自分の持ってるカメラを批判されるのは嫌、みたいな人が多いよね。
持ってるカメラが批判されたら、自分が否定されたような勢いで言ってくる人もいて驚く。
メインブログの方でも GXR の件で荒らしコメントとかあったし。
撮った写真を否定されるならまだしも、カメラなんて、たかが写真を撮る道具だろうにねぇ…と思う私。
[PR]
by dbl-h | 2010-12-16 23:59 | ちょっと前の1枚
<< 釣り人たち 光の回廊にて >>