夕暮れに向かって
Osaka Monorail at dusk

諸々雑誌類に年末総決算号、新春特集号みたいな内容が並ぶ昨今。
カメラ雑誌も毎度そんな内容で、今年のカメラの総さらえをやっていたり、各メーカーのインタビューや予測記事をやっていたり。

今年は GXR を買ったものの、GXR 自体は昨年発売だし、今年発売のカメラは何も買ってないから、今年のカメラ総決算的な記事は全く興味もない。
昨年は後半に、E-P1、EOS 7D、PowerShot S90 と立て続けに買ったから、今年は特に買うつもりはなかったし、ぶっちゃけ惹かれるカメラも皆無だった。
惹かれるカメラがなかったから、GXR と3ユニットとも買ったとも言えるわけだが :-)

来年どうなるか?なんてのも、興味があるとすればニコンの新システム、そしてキヤノンの追随があるか?くらい。
他に何かブレークスルーがあれば面白いとは思うのだが、どうかな?

というか、来年再来年くらいまではいいけど、その後市場が飽和した後はどうなるかねぇ…と思うわけで。
意外とまだカメラメーカーも多すぎると思うんだよね。
国内市場だけでなく海外市場で一定のシェアを得てるから、携帯電話メーカーみたいなことにはならないとは思うが、
現在の車メーカーのような状況にはなっていくように思う。
5年後、10年後、どれだけ生き残っていけるかね?
ま、カメラ雑誌もどれだけ残ってるかねぇ…と思うが。
[PR]
by dbl-h | 2010-12-18 22:12 | ちょっと前の1枚
<< つかの間の広島散歩 #1 広電広島駅 釣り人たち >>