初詣 2011
Hatsumode (初詣) 2011

今日の写真は、本日 2011年の初詣写真。
同じ近所の神社だから代わり映えはしないけれども :-)

初詣のあと少し散歩しつつ、正月らしい写真を探していたのだが、どうも自分の感性では見抜けるものがなかった。
元々街角スナップ写真を見て、何か良さや感動を感じない人間だから、そのフィールドで良い写真を撮ることはできるわけがないが…

その後、梅田で友達とひとしきりお茶したり。
その中で“親指AF”の話になった。
動体相手の写真をちゃんと撮ってる人なら、当たり前のように使ってるだろう親指AF。
慣れたら動体相手だけでなく、あらゆるシーンで非常に便利だと思うし、理にかなっている撮り方だと思うのだが、
どうもカメラ入門書その他では中級以上の技的に扱われているのが、今ひとつ納得行かない。
ゼロからスタートすれば、半押しAF やフォーカスロックより判りやすいと思うんだけどなー。
AF と AE を別々にコントロールできる便利さもあるし。

昔のパナソニック(DMC-G1/GH1)の、なんちゃって親指AF はアレだったけどね。
それが DMX-G1 を手放した理由の一つだったな。
GXR のように動体が全く撮れないカメラなら親指AF の可否を気にすることもないけれど。
[PR]
by dbl-h | 2011-01-02 22:40 | 昨日今日の1枚
<< みくじ掛 謹賀新年 >>