六本木遠望
the buildings of Aoyama and Roppongi area, Tokyo
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO)


GXR で撮る場合、一般にコンパクトデジカメ同様、背面液晶を見て撮ることになる。
私自身、普通に撮ってる限り、それに対してさほど不満はない。
ヒコーキやスポーツ撮りの場合にはファインダー、それも光学ファインダー必須だが、GXR で撮る対象に対しては通常、特になくても困らない。
ただ、こんな風の強い日はファインダーに顔をくっつけて、肘をしめ、3点支持で撮りたいと思う。

そう思うけれど、外付けファインダーはやたら嵩張ってしまうので、それでは GXR を使う意味が半減すると考える私は
外付けファインダーの有用性は判っていても買わない。
私の場合は買っても結局は金の無駄になるだけ。
ということを GR Digital や DP-1 の際に判っているからだ。
未だにフォクトレンダーの外付ファインダーは新品同様で保管されている…(^^;)

おまけに、リコーは以前の雑誌インタビューで
「次のボディでは、おそらく EVF などの現在のボディ用周辺アクセサリーは使用できないと思います」
なんて言っていたので、そんなことを言われて買えるわけがない。
そんなことをしてしまうのも、言ってしまうのも、どうかと思うけどね…
[PR]
by dbl-h | 2011-01-15 23:24 | 最近の1枚
<< 戦いがおわって… 夕暮れに聳える三棟 >>