戦いがおわって…
after the game
(GXR + A12 28mm F2.5)

国立競技場シリーズ?の最後は、カラーで撮ったもので行くべきか、モノクロで撮ったものか迷って、
カラーで撮ったものを少し加工して彩度を落として、半モノクロ的にした写真。
試してみたつもりであると同時に、“逃げ”かもしれない。

最近、自分がモノクロで撮ってるのを見返して「安易に走ってるなぁ…」と、少し思ってたりしている。

GXR を買って以降、モノクロ写真が多くなっている。
確かに GXR は(というかリコーのカメラは)モノクロ写真が撮りやすい。
私もそう思ってるからこそ、モノクロ率が高まったのだけど…

私の場合は、なんというかモノクロ写真が好きなわけでもないのに、
「それっぽい写真が撮れる」
「カラーで撮るより少しマシに見える」
そんな理由でモノクロで撮ってるようなところもあって、少し自己嫌悪。自分だから判る安易さ。

本来、カラーで撮ると全くどうしようもない写真であるはずなのに、
モノクロで撮ると少しマシに、なんとなく“写真”っぽく見える。

たとえ、それはまやかしだったとしても、まやかしと判っていても、
なんかこう、雰囲気だけを求めてモノクロで撮ってしまうことが多い昨今。

それが良いことなのか、自制すべきことなのかは、まだ結論は出ていない…

P.S. メインブログの方を更新。MacBook Air の故障で記事が失われた、昨年のお買い物ベストの最終回をようやく掲載(^^;)

だぶる☆えっち的 お買い物ベスト 2010 その3(5位〜1位)
[PR]
by dbl-h | 2011-01-16 22:59 | 最近の1枚
<< 江ノ電 江ノ島車窓 六本木遠望 >>