吹雪の果て
train window at Wakkanai, JR Soya Line
(PowerShot S90 / 35mm 相当)

昨年2月末〜3月上旬の北海道行きの際に撮った、スーパー宗谷からの車窓。
南稚内〜抜海間で一瞬だけ見える日本海。
どこまでが雪積もる大地で、どこからが荒波なのか判らない景色。
夕暮れ時で非常にノイジーな写真だったが、モノクロに落とすと結構好きな写真になった。

というのは、ちょうど今たまたま試して良かった話。
手元には未処理未整理の写真が山ほどあって(150GB 分くらいある)、今日の写真をどうしようかと思った際、
ちょうど去年の手術から1年経ったことを思い出して、手術後始めての北海道の時の写真を選んだ。

「何とか真冬のうちに北海道へ行きたい」
それが手術と手術後の回復の糧だったように思う。
なんにせよ、一年経って無事に生きている、そしてまた北海道へ旅して写真を取ることができている、
そのことに有難味を感じざるを得ない。
再発・転移の怖さは常にあるけれど、できるだけ真冬の北海道へ行ける日々が長く続いて欲しいと願うばかりだ。
[PR]
by dbl-h | 2011-01-18 23:30 | ずっと前の1枚
<< 千里川一風景 江ノ電 江ノ島車窓 >>