雪夜・最北の街 #5 スノーシャワー
the snow shawer
(GXR + A12 28mm F2.5)

道路を走る車が、降り積もったばかりの新雪を巻きあげて、シャワーのように私へ降り注ぐ。
敢えて、それにレンズを向ける。
普段使わないプロテクトフィルターは、私の場合、こういう時のためにある。

GXR は3つのユニット、A12 28mm F2.5、A12 50mm F2.5 MACRO、P10 とともに、山ほど文句を言いつつも愛用しているのは、何度も書いている。
このブログでも10月の毎日更新再開後、圧倒的な比率で GXR の写真を載せている。
とにかく、このサイズでこの画質、というのが GXR の全てと言っていい。

このサイズ、この軽さ…という感じで日々持ち歩くことが多いのだが(デジタル一眼のお供だと GXR ではなく PowerShot S90 のこともある)、
たまに「なんだかんだ言うても、3つもユニットを持って歩いたら、意外と重さはあるんじゃね?」と我に返ることがある。

ということで、調べてみると、GXR ボディ+ A12 28mm + A12 50mm + P10 にバッテリなどを含めた合計重量は…
約 860g。
やっぱり、意外とある。
初級者向けボディ+キットレンズよりは重い。概ね、中級クラスの一眼レフボディ並み。

一眼で3つのレンズを持ち歩くことを思えば軽い、というのはそうだが、一眼に比べて軽いという印象からすると、意外とそうでもない。
一眼ではフィルタ径 77mm や、それ以上のレンズばかり使っているから、ある程度重さに麻痺しているが、
「GXR も3ユニットも入れると、それなりに重さはあるんじゃね?」という、たまに感じる印象は正しかった。

しかも、重くなると判っていても、いつも3つとも持って行ってしまうんだよね…
[PR]
by dbl-h | 2011-02-05 23:14 | 最近の1枚
<< 雪夜・最北の街 #6 雪夜を歩く 雪夜・最北の街 #4 雪ぼっく... >>