雪夜・最北の街 #6 雪夜を歩く
walking the sidewalk in the snowy night
(GXR + A12 28mm F2.5)

夜、利尻島から戻ってきた稚内港から稚内駅方面へ歩く。
遠くに見える信号を右へ折れて5分も歩けば、宿泊先の稚内全日空ホテル。
けれど、線路を越え、国道を越え、市役所のある道道まで歩いて、バスに乗って南稚内へ…
何のために、稚内港から一番近いホテルを取ったのやら、である。
朝は近くて、歩ける距離で助かったけれど。

昨日はまた、タムロンの新型 18-270mm F3.5-6.3 Di2 VC PZD (B008) を迷って迷って、
ヨドバシ店頭でも迷って、帰ってから Amazon でも6万ちょい即納なので迷って、結局買わなかった。

高倍率な1本レンズがあれば便利だとは思うけれど、結局踏み切れない。
実際問題、今の私が使うか?という問題がある。
35mm 換算 28mm 〜 50mm 程度でのスナップは、もう完全に GXR へ任している。
その領域でマジ撮影になるのは飛行機撮りのごく一部シーンだけで、他は適当撮りだから GXR でも文句ない。
マジ撮影になれば高倍率1本レンズの出る幕でもない。

と考えれば、別に広角標準域のレンズは、これ以上必要ないし、便利レンズを買うとしても、
愛用している EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM のような領域、そしてそれの不満の解消だよなぁ…なんて思ったり。
少なくとも GXR を手放すまでは 18-270mm を買うことはなさそうだ。
広角・標準域は GXR で、望遠系は EF システムで、という手軽な“2台体制”が気に入っているしね。

さて、稚内の雪夜散歩シリーズは、まだ何枚か写真を掲載したいと思ってるのだが、
好きな写真を後回しにしている間に、また少し動きがあるかもしれなかったり…
どうなりますやら…
[PR]
by dbl-h | 2011-02-06 22:22 | 最近の1枚
<< 理想と現実 〜 北海道・北浜駅... 雪夜・最北の街 #5 スノーシャワー >>