陽炎の季節、はじまる (熊本空港 #4)
ANK's B737-800 landing in shimmer of hot air
(EOS 7D + APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 800mm相当)

今週は暖かい日々が続いている。
大阪に戻ってきてからも、夜でもコートが要らないような暖かさ。まだ2月なのに。

そして月曜日の熊本も、結構暖かだった。
陽射しも徐々に強くなり始める季節の上に、雨の降らない日が続いていた…
となると、何度も書いているが、霞が強くなり、そして滑走路上では盛大な陽炎が発生する。

写真を見れば判るように、油絵である。
エンジンポッドなんか、陽炎で完全に変形している。
こうなると、お手上げだ。気温が下がるのを待つしかない。
この季節ならまだ夕方になれば、陽炎は収まる。

もっとも、陽炎は気温が低ければもちろん、ある程度の気温なら風が強ければマシになる。
逆に離着陸機があった直後の、次の飛行機は酷い陽炎になる(冬場でも前機のジェット噴射の影響は残る)。
飛行機撮りは、常にお天道様との相談になるから仕方ない。

とはいえ、レンタカーを借りてから12時近くまでロケハンがてらに撮っていた時には、ウンザリするほどの陽炎ばかりで、
正直、「まだ2月なのに、陽炎の影響を強く受ける状態なのか…」と、強いヘイズとともに、なんだかなー気分だった。
[PR]
by dbl-h | 2011-02-24 22:39 | 最近の1枚
<< 霞と陽炎と阿蘇とANA機 (熊... 噴煙の彼方へ Part 2 (... >>