OH-6D ホバリング中 (熊本空港 #6)
JGSDF's OH-6D helicopter
(EOS 7D + APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 270mm 相当)

陸上自衛隊 西部方面航空隊 第3飛行隊所属 OH-6D。
熊本空港は民間航空機だけでなく、陸上自衛隊高遊原分屯地も同居している。

そのため、陸自のヘリが頻繁に離着陸を行なっている。
訓練のためだけなのか、それとも他の目的があるのか…
この時も北から一気にやってきたと思ったら、頭上で急停止し、しばらくホバリングしてから、目の前の基地に戻っていった。
なんだったんだろう?と思うが、知る由もない。

あ、できれば OH-6D だけでなく対戦車ヘリ AH-64D アパッチ・ロングボウ か、AH-1 コブラ が飛んでるのを見たかったなぁ…なんて。
(後から調べた限りでは、対戦車ヘリ部隊は西部方面航空隊主力が駐屯する高遊原分屯地ではなく、佐賀県の目達原駐屯地にいるようだ)

熊本空港は民間旅客機と陸自のヘリだけでなく、セスナを始めとするプライベートプレーンも数多く飛んでいて、
この日もセスナのタッチ&ゴーの訓練をはじめ、何機か飛んでいた。

と思ったら、空港ターミナルビルを挟んで陸自と反対側には、崇城大学の宇宙航空システム工学科があり、
そこではパイロット養成や整備士、エンジニア養成を行っているようだった。
道理でセスナの訓練が頻繁に行われていたわけだ…納得。

ともあれ、ヘリを撮影する機会はあまりないので、こういう時は思わず撮ってしまう。
ただ、ヘリコプターを撮るのは意外と難しい。
ローターの回る速度が遅いので、シャッター速度をかなり落とさないとローターが止まって写ってしまう。
かといって、シャッター速度を落とすとブレ対策が難しくなったり…ヒット率はあまり高くなくて未熟さを痛感。
[PR]
by dbl-h | 2011-02-26 22:36 | 最近の1枚
<< 離陸上昇中 (熊本空港 #7) 霞と陽炎と阿蘇とANA機 (熊... >>