熊本空港・残照 (熊本空港 #8)
JAL's B737-800 at dusk @RJFT
(EOS 7D + APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 220mm 相当)

熊本市の西にある金峰山に夕陽が沈み、残照残る中を JAL B737-800 が離陸開始する。
背景となっている金峰山の左手には、有明海を越えて雲仙・普賢岳を望むことができる。
のだが、熊本空港展望デッキ4階は一部を除いて工事閉鎖中であり、雲仙を入れて…という構図にはできなかった。

おまけに実質 F6.3 の暗いレンズでは、この程度でも AF が合焦しなくなり、なかなか苦労されられた。
そのうち、メインブログでも触れるつもりだが、APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM は所詮便利レンズ。
もちろん、それを重々承知で購入・使用開始したのだが、EF 100-400mm F4.5-5.6 という古いレンズと比べてみると
100-400 がいくら古かろうが、やっぱり腐っても純正レンズであることを実感させられる。
合焦の信頼性と速度に関しては、100-400mm が優位だと感じる。
ま、五十歩百歩と言われれば、それまでだが X-)

ちょうど撮影したのは1週間前。
1週間、熊本空港での写真からピックアップして掲載してきたが、ひとまず熊本空港シリーズは終了。
今度は空気の良い時に、是非とも再度訪ねたいものだ。
今回は熊本市内を路面電車でマッタリ回る、ということもしなかったからね。
近いうちに、捲土重来を期すことを心に決めた熊本行きだった。
[PR]
by dbl-h | 2011-02-28 23:03 | 最近の1枚
<< シーズン開幕!そして久しぶりの... 離陸上昇中 (熊本空港 #7) >>