f0169811_22523593.jpg
(iPhone 4)


周知のとおり、今日午後、日本観測史上最大の巨大地震が東北太平洋岸で発生した。
テレビで中継される津波の様子は、映画の CG がそのまま現実に起きているかのようだった。
知識としては知っていても、リアルタイムに発生している状況を目の当たりにすると、呆然とせざるを得ない。

そして地震から時間が経っても経っても被害を拡大し、地震発生から4時間以上が過ぎてから、
上の写真にある釧路川では津波による逆流と、フィッシャーマンズ・ワーフへの浸水がテレビで中継されていた。

非力な私には何ができるわけでもないので、少しでも救われる人が多いことを祈るばかりだ。
避難所にいる人を見ていると、昔を思い出して心が痛む。
長い避難所住まいの厳しさは、以前の何人もの友人を見ていて実感しているだけに、本当に祈るしかない。

実を言うと、今月期限でかかりきりになっている仕事の客先が仙台である。
来週以降、仙台へ中期的な出張も予定していた。
しかし、かの地はもうそれどころではないだろう。

一昨日、客先と Skype で連絡をとりつつ作業していた時に震度5が発生した際は、
仕事相手も笑って話していたが、まさか2日後に、こんな巨大地震が起きるとは…
[PR]
by dbl-h | 2011-03-11 23:05 | ちょっと前の1枚
<< pray for Japan,... 前方車窓・曇 >>