ある夏の風景
in the Soya Hill #1 Windmills
(EOS 7D + EF 24-105mm F4L IS USM / 38mm 相当)

被災地にはあまりに辛い真冬の寒波。
大阪でも雪降る日であった。
そして地震に端を発する“災害”は終っていないどころか、先が見えない。

なんかもう、載せる写真くらいは、冬や陰々滅々さを感じないものにしよう。
そう考えて、いつかの夏の北海道写真を載せてみた。宗谷丘陵である。

地震発生当初から時間が経ち、影響のある地域の人々には疲れと苛立ちが積み重なっていく時期だろう。
そんなこともあって、地震・原発に対することや、それへの対応についての思いを Twitter その他で書くのは、できるだけ控えめにしようと思っている。
と思いつつも、ついつい言いたくなるようなことはあるんだけど…

原発のことについても、いま東電や政府を責めたところで、何の益もない。
以前から〇〇と言っていたのに云々…みたいなことをネットやテレビで訴えかけてる人やリツイートしている人も多いが、
現時点では「だからなに?」でしかなく、野次馬と変わらない。
責任問題、過去の追求は事象が収束して、次の段階に移ったときに行うべきことだろう。

残念ながら、今はまだ、災害は現在進行形だ。
復興段階でもない。
被災を少しでも減らすべく対処の時だ。


[PR]
by dbl-h | 2011-03-17 21:47 | ずっと前の1枚
<< ある夏の風景 - 2 / 行っ... ライトアップ自粛 >>