ある夏の風景 - 2 / 行ったつもりで募金
in the Soya Hill #2 Windmill
(EOS 7D + EF24-105mm F4L IS USM / 64mm 相当)

昨日に続いて、夏の北海道・宗谷丘陵からの一枚。
モノトーンや暗い景色を載せる気になれないので、今日もこれでお茶を濁す。

プロ野球のセ・リーグは空気が読めないどころか、反社会的とも言えるナイター開催・ドーム開催を強行しようとしているが、
サッカーの方はJリーグ開催中止に続いて、首都圏での日本代表試合を中止し、代わりに大阪で29日のチャリティーマッチが決定済みだ。

さらに、J各クラブ同士のチャリティーマッチも決まり始めていて(練習試合をする必要もあるだろうし)、
ガンバ大阪も27日にヴィッセル神戸とのチャリティーマッチが決定、
加えて様々なチャリティー活動が行われることを本日発表した。

私自身、ガンバがチャリティーマッチを行うという話が出てきた時から色々考えていたが、
明日発売のチャリティーマッチのチケットを買う代わりに、募金することにした。
チャリティーマッチのチケット代とチャリティーTシャツ分、それらを合わせた金額を再び日本赤十字に寄付した。

既に日本赤十字やらiTunes Store 経由やら、ポイント、マイルの類も出来うる限り出しているので、
今の生活レベルだとそろそろ限界なのだけど、“ガンバは別腹”なので(笑)、どうせこういうのは行ってしまうから、
チャリティーで「収益」を寄付されるくらいなら、“行ったつもり”で直接寄付した方が良いかな、と。
そんな思いがずっと拭えなかったので、明日のチケット発売で迷う前に行動しておいた(^_^;)

もちろん、チャリティーマッチをやる意味はあるし、大勢の人が見に行ってチケット完売、満員となって盛り上げて欲しい。
過去に書いたように、非被災地ではできるだけ日常を行うべきだからね。

ただ、個人的に、まだ“サッカーを楽しむ”気分になりきれないのも事実。
先日の ACL のように、公式戦ならばサッカーを楽しむこととは別に、“ガンバを応援する”ことに迷いはない。

逆に言えば、“ガンバを応援”できても“サッカーを楽しむ”気分になれないので、チャリティーマッチなら“行ったつもり”で寄付することにした。
それに、直接寄付した方が、少しでも金額が多いのは明らかだからね。
今は自分の楽しみより、1円でも多く寄付したい気分だ。

Jリーグ再開後も、経済基盤が整ってるガンバ大阪はともかく、できるだけ J2 クラブのスタジアムへ足を運びたいと、より一層思う。
被災されているクラブはもちろんのこと、そうでない J2 クラブも、多くは経済基盤が弱いから、震災の影響は小さくないだろう。
京都や東京みたいな J2 でも大きなクラブはどうでもいいが、地方のおらが町のクラブが危機に瀕するのは哀しい。
私は、ガンバがずっと好きだが、それと同じくらい各地域に J クラブがあることが好きだから。
[PR]
by dbl-h | 2011-03-18 22:57 | ずっと前の1枚
<< 道 ある夏の風景 >>