晴れたことがない
the clouds hanging low
(GXR + A12 28mm F2.5)

所用でやってきた、何度目かの広島市街の裏側。
低く垂れる雲。シトシトと雨が降る。
ここへ来た時に晴れていた試しがない。
曇っているか、雨が降っているか。
遊びに来ているわけではないので困るわけではないが、こんな色の景色で記憶が固定されている。

そんなことを思いつつ、ここで少しシャッターを切っていたら、女子高生から声をかけられた。
「駅にはどうやっていったら良いんですか?」

実際には広島イントネーションだ。
しかし、君が広島県民なら、私は大阪府民だ。
ほとんど縁もゆかりもない私に聞かれても…答えましたよ、ええ。
もう何度目かですから、余裕です。

私も駅へ向かうのではあるが、女子高生がオジサンと歩くのは抵抗があるだろうから、
道順を教えて別れ、私はまた何枚かシャッターを切ったのちに歩き始めた。

すると、しばらく行ったところで道を間違えそうになっている彼女を見つけたので、声をかけ、その後は一緒に駅まで歩いた。
といっても、もちろん何も無いけどね。駅までの5分、少しばかりのランデブー。
交わせる話題もさほどないし、一歩間違うと不審者扱いされかねないご時世だから。

陽も長くなってきた昨今ゆえ、天気が良くて余裕があれば、広島市街をブラブラしたかったが、
雨降り、時間的余裕も懐的余裕もなし、なので、サクっと新幹線で帰ってきた。
今度またいつ行くことになるのか、行くこと自体があるのか判らないが、晴れてる時にアストラムラインに乗りたいものだ。
[PR]
by dbl-h | 2011-03-20 22:33 | 昨日今日の1枚
<< 祝宴の帰路 道 >>