東京行のぞみ入線
at the Shinkansen platform of Hiroshima Station #2
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO / ACR で彩度 -70)

このところ本来の引き篭もりな状況が多かったせいか、一昨日の広島行きでは久しぶりに GXR をちゃんと使った気がした。
といっても、遊んでいる余裕はなかったし、雨だったから帰りに少し撮っただけではある。
それでも京都行ってもどこへ行っても、何かしら撮る余裕がなかったから、先月末の熊本以来な感じだった。

前にも書いたことがあるが、本来自分にとってベストなスナップ画角は 35mm だと思っている。
でも GXR(の A12 ユニット)は 28mm と 50mm のみ。
購入前は 28mm の方をよく使うだろうと思っていたが(GR Digital や DP-1 などの経験もあるし)
28mm を付けっぱなしにしつつも、実は 50mm の比率がかなり高い。
一昨日も9割くらい 50mm だった。

以前は 50mm という“標準”画角が好きではなく、慣れる気がしなかったが、最近は意外とそうでもない(気がする)。
本当は 28mm、50mm という組み合わせより、35mm、85mm という組み合わせの方が良いけどね!

A12 50mm MACRO ユニットのデカさ・重さは未だに閉口するけれど、それなりに慣れたのも事実。
デカさゆえの収納式フードも悪くない(EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM の直進式ズームと一緒でもっと評価されるべき点だろう)。

ただ、A12 50mm ユニットの AF は、やっぱり遅い。
昨秋のファームウェア・アップデートで改善された、A12 28mm と比べて遜色ない、ということではあるが、
やっぱり A12 28mm とは差を感じる。というか、A12 28mm だって遅い。

リコーの AF の糞さ加減は前から判ってるし(GXR には AF-C がないしねー)、
随分慣れたつもりだけど、やっぱり被写体が良いタイミングを過ぎてしまうと辛い。

何度も書いてるけど、たまにはまた言いたくなってしまう :-D
[PR]
by dbl-h | 2011-03-22 23:01 | 最近の1枚
<< さくら The New Gen... 祝宴の帰路 >>