西日
a certain evening
(GXR + P10 / ミニチュアライズ・モード)

相変わらず仙台の客先とは仕事のやりとりが続いていて、Skype での打ち合わせのあとに向こうの状況を色々と知る。
正直に言えば、興味はある。
受け止めなければならないことも小さくはないが、信頼できる人が見てきた、見ている事実は、何よりも大切なものだ。

色々なしがらみのあるマスコミだけでなく、
ネット上の情報も(震災直後と違って)主観ばかりが先行し、信頼のおける情報が極めて少ない現在、
信頼できる人の情報だけで良いとすら思う。

と同時に、曲りなりともインフラ技術を学び、発展させるのを目的としたところに所属したことがあるだけに
色々な知人が被災地に赴き、ズタズタにされたインフラの復旧に持てる精一杯の能力を発揮しているという話を聞くと、
翻って自らの非力さに情けなくなる思いを禁じえない。
その思いは、阪神大震災の時に痛切に感じたのだが、再び感じてしまう。
そんな思いをしたからと言って、何も建設的なことはなく、ただの自己満足的な感傷にすぎないのだが。

ともあれ、彼らの努力や思いを鑑みるにつけ、ネット上の安寧の上で批判に興ずる輩に辟易する昨今だ。
[PR]
by dbl-h | 2011-04-06 23:42 | 最近の1枚
<< チャスカ 三分咲き?五分咲き >>