陽光うららかな休日の午後
the ship of river cruising in Hiroshima
(GXR + A12 28mm F2.5)

広島くんだりまで応援しに来て糞試合を見せられたので、大阪へ帰る前に小1時間ほど広島観光した時の一枚。
観光船が行き交うだけでなく、元安川の両岸ではカップル、夫婦、友人らが座って楽しげに話を交わし
(京都の大学へ通っていた身としては、鴨川で見慣れた光景だけれども)
橋の袂では若者がうたを歌って、ここからもう少し南へ下れば、オープンカフェが並んでいる。

そんな絵に書いたような平和で楽しげな光景が、原爆ドームの前という負の遺産の前で繰り広げられている。
多くの人の犠牲の元に、まさに平和公園の名に相応しい、平和を享受する光景がある。

新たな原子力における負の遺産となろうとしているものも、
未来においては、それが生かされ、人々の幸せのための礎にならんことを祈りたい。
いや、祈るなんて他人事ではなく、一人ひとりの問題として、自らもきちんと考えたい。
[PR]
by dbl-h | 2011-04-26 23:18 | 最近の1枚
<< その過去を、知って欲しい そこにある反射 >>