エメラルドグリーンへと続くエントランス
Entrance, Shisaa and emerald green sea
(GXR + A12 28mm F2.5)

足を踏み入れようとすると、その奥にエメラルドグリーンに煌く海が見える…そんな、いかにもな玄関。
先週泊まっていたグランヴィリオホテル石垣リゾートのエントランス。

狙いすぎて、俗っぽすぎて、逆に高級感を失わせているけれど、
しかし極めて判りやすい“いかにも”な雰囲気だけに、社会の底辺を蠢く庶民としては印象が悪くなりようがない。

実際このホテルは、リゾートホテルとしては値段がリーズナブル。
部屋やホテルマンの客対応は極めて良くて、じゃらんで沖縄で最高評価のホテルの一つであるのも頷けるものだった。
備え付け家具や設備の細かい部分を見れば、コストダウンしている部分は当然見受けられるが、
アメニティや部屋の防音などは十分納得でき、少なくとも値段以上と思わせるものがあった。

所詮、ビジネスホテル「ルートイン」系列だからと思って期待してなかった(値段なりだと思っていた)だけに
良い意味で裏切られて、心地良い石垣滞在ができた主要因だった。
どこにも出かけず、日がな一日ホテルにいて読書したくなった、というだけでも、気に入ったことが判るだろうと思う。

震災の影響で石垣島への観光客も減っているようで、今春はどこのホテルも客寄せ策が行われていたが、
このホテルはリーズナブルさとネット予約サイトの高評価で、そこそこの宿泊率をキープできているようで、
帰り際、フロントマネージャーの方と話した際、
「他は大変みたいですが、お陰さまで当ホテルはお客様は減らずに済んでいますし、GW は連日満員になっております」
と胸を張っていたのが印象的だった。

確かに、倍近い値段を出してホテル日航八重山や ANAインターコンチネンタル石垣リゾートに泊まるよりは
こちらの方が満足度は高いかな?という気はした。
ただ、リーズナブルな分だけ家族連れが多く、リゾート感、静けさを求めるのには向かない。

というか、室内備え付けの作務衣とスリッパで、ホテル内を彷徨いている人が多くて、
さらにホテルもそれを認めている時点で、リゾートホテルという感じではなく、
やっぱりルートインかw って感じではあった…
[PR]
by dbl-h | 2011-04-30 23:08 | 最近の1枚
<< 新石垣空港建設現場 久しぶりのホーム観戦 >>