霞む街を発つ
ANA Wings's B737-500 in hazy dimmy sky
(EOS 7D + APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OSM / 597mm 相当 / アクシオン福岡)

先日の福岡遠征時の撮影から。
まだ午前中の撮影なのに、陽炎と霞みで背景の福岡市街がドロドロ、ヒコーキもギリギリ撮れてる状況。
これからの季節は、ますます厳しい…

先週末から Adobe Photoshop Lightroom 3 を使い始めている。
Lightroom 自体は 1.0 になる前のβを長く試用し、その後も 2.0、3.0 になる際に試用しているが、どうも合わなくて買うには至らなかった。

今回、特別提供版というものが販売されて、Photoshop (Elements 含む) ユーザーには1万円強で販売されることになり、
そういう経緯を無視して、思わず買ってしまった。Adobe の思う壺である(^^;)

実際に数日使っているのだが、やはり自分のスタイルだと合わない部分が大きい。
といっても、現像に関しては非常に良いと思っている。
基本的に Photoshop の ACR (Adobe Camera RAW) と同じだが、より簡単にできる部分もあるので、楽といえば楽。

ただ、「写真の管理」という点で、私には合わない。
Lightroom は、写真の管理は全部俺に任せろ!タイプなので、
写真の管理は俺がフォルダ単位でやるから、お前は写真選択と現像だけやっとけ、という私とはぶつかる部分が出てくる。
Lightroom に依存すれば楽に使えるのだろうが、過去の経験上、Adobe に依存する部分はできるだけ少なくしたい(笑)

その点、Photoshop 付属の Adobe Bridge は、そういう人間に相応しい写真閲覧ツールである。
ただ、Bridge で写真取捨選択をするのは使い勝手がかなり良くないので、それだけに頼るわけにもいかない。
写真の取捨選択に関してはキヤノンの Digital Photo Professional が最も素早くできると感じているが、
キヤノン RAW 以外は非対応なので、今まで同時記録の JPEG を使って取捨選択→その後自作スクリプトで RAW ファイル処理、をしていた。

そのあたりを Lightroom で賄いたいなぁ…と思ってはいるのだが、相性の悪さは如何ともし難い。
ま、買ってしまったので、長く付き合って良い方法を見いだせたら、と思ってはいるけれど。

ちなみに、そんな Lightroom だが iPhoto で写真管理している人のアップグレード先には悪く無いと思っている。
特に iPhoto に加えて Photoshop Elements を買っていて、RAW 写真の管理・現像をもっと手際よく処理したい人には最適だ。
[PR]
by dbl-h | 2011-05-25 23:57 | 最近の1枚
<< 逢魔が刻を行く 蒼と黒 >>