大阪じゃなくて京都
the side roof of Kyoto Station 1
(GXR + A12 28mm F2.5 / 京都駅)

こんな屋根をいま見せると、大阪駅?と思われそうだが、京都駅である。
新しい大阪駅は、規模や構造こそ違うものの、1997年に作られた京都駅を色々と彷彿とさせるところがある。
京都駅の成功体験?をなぞった感はあるし、それゆえに 20世紀的でもあることを、京都駅に来るたびに感じる。

the side roof of Kyoto Station 2
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO / 京都駅)

以前、メインブログの方に「Adobe Photoshop Lightroom 3 特別提供版を買ってみた」と書いたけれど、それから半月ほど使っている。
正直、未だに使いやすい面と使いにくい面が混在しすぎていて、とてもじゃないが Lightroom ベースで作業はできない。

特にファイルの管理が Lightroom の中で完結していて実際のファイル構造に対してアクセスしにくい点は、同類のソフトウェアもそうだが、使い辛い。
また、トリミングのしにくさもストレスが貯まる。

反面、ある程度までの現像作業を行う速度は、今までより少し手早くできるかな?と感じている。
マウスやキーボード操作に対するパラメーターの動き幅が感覚と違ってイラッとすることもあるけれど、概ね現像という点では好印象。

そんなわけで、今のところは Lightroom 3 に慣れようとはしているものの、Lightroom に(Adobe に)支配されるのは真っ平御免なので、
実フォルダベースで作業できる DPP や Bridge + ACR + Photoshop と併用している、状況によって使い分けている、という感じだ。

近々 NAS を大容量に入れ替えて、そこに写真ファイルを概ね詰め込んだら、その部分を Lightroom で写真管理させるつもりなので、
そうなったらまた、評価が変わってくるかも知れない。
[PR]
by dbl-h | 2011-06-12 21:38 | 最近の1枚
<< 大都市郊外ローカル線 雨は止み、でも晴れきらず、曇り空 >>