はらへったー、はーやーくー、餌もってきてー
the children of swallow
(GXR + P10 / 300mm 相当 / トリミング / 吉備SA@山陽道)

大阪から広島方面へ山陽道を走る時の最初の休憩は、だいたい小谷SA か福山SA なのだが、昨日は膀胱からの催促で、久しぶりに早めの吉備SA で休憩。
トイレに行こうとすると、トイレの男女入口の真ん中の、妙なところに注意看板が立ててあった。
ふと、上を見上げると…ツバメの巣が :-)

昨日は、たまたま GXR に P10 ユニットを付けて出かけていた。
単純に最近全く P10 ユニットを使っていなかったからであるが、それが幸いして、300mm 相当の望遠で撮ることができた。

といっても、300mm 相当で手ぶれしないシャッター速度を稼ごうと思うと、ISO感度は 1500 越え。
となれば、元々望遠端ではアレな画質もさらにアレだし、300mm でも更にトリミングしなきゃならない小ささだったが、
記録写真としてでもちゃんと撮れたのは P10 ユニットのおかげだ。

とはいえ P10 ユニットの画質ではちょっと萎えるのも事実だし、APS-C の望遠ユニットは無理でも
PowerShot や GR Digital III に使われている 1/1.7" CCD の望遠ズームユニットを作って欲しいんだけどねぇ…
まぁ中望遠ユニットすら出せないリコーでは無理だわな。

しかし、急ぎの旅でなかったら、SA のトイレの前でなかったら、もうちょっと眺めていたかったな…

さて、そんな GXR だけど、本日リコーに入院させた。
以前から気になっていた背面液晶のコーティング剥がれが、どんどん酷くなって、最近は日中屋外ではマトモに構図確認すら難しい状況だった。
しばらく稼働率が落ちていたものの、先週の仙台、昨日の九州行きで使って、「もうこれは耐えられん!」となった。

幸い保証が効いての無償修理だし、来週使う予定には間に合わせてくれるということなので、安心して入院させた。
ついでに、P10 ユニット内部のゴミ混入も直してもらうことにした。
P10 ユニットは買って1〜2ヶ月でゴミ混入して、その後も数が増えていたしね。

この件については、修理から上がってきたらまたメインブログのレポートする予定だ。
[PR]
by dbl-h | 2011-06-20 22:59 | 昨日今日の1枚
<< 夏の陽ギラリ 雨に煙る関門海峡 >>