記念撮影で伊丹大集合!
Boeing 787 test flight @RJOO and many spectators
(EOS 7D + SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OSM / 大阪空港)

噂の新型旅客機、ボーイング787 が日本へ初飛行。
3分の1が日本製というボーイング787 は、ローンチカスタマー(最初に受け取る航空会社)が 全日空ということもあり、
初の海外でのテストフライトは日本となり、一昨日羽田へ到着、今日は初めて羽田を離陸して伊丹空港へやってきた。

となれば、ヒコーキ屋のカメラマンはプロアマ問わず大集結。見物人も大盛況。
伊丹スカイパークも写真のように、鈴なりの人だった。
私はターミナルビルから撮影していたが、こちらも南ターミナルから北までガッツリ人がいた。

もっとも、今回は明日関空、明後日は岡山と広島、さらに10日はセントレアと行脚するので、これでもかなり少ない方である。
(各空港へ行くのは、あくまで空港設備が問題なく使えるかのテストのため)

来月になれば正式に ANA へ機体が渡され始め、1〜2年もすれば(今の B737NG みたいに)そこらに溢れかえってる機体になってるだろう。
だから、別にわざわざ今日撮る必要もないといえば、ない。

私も朝5時過ぎに目覚ましをかけて、着陸から撮ろうと思っていたが、なんか朝起きてテンションが上がらなかったので、止めてしまった。
離陸も別にいいや、と思っていたけれど、出かけついでにやっぱり、一発撮りに行ってしまった(^_^;)
本当に記念写真である。天気も微妙だったしね。

ちなみに B787 は前や横から見ても今イチというか、今までのボーイング機と大差なく見える。
が、後ろ姿は“らしさ”がある。
まさに鳥の翼らしい流線形とエンジン後部のギザギザが特徴だ。
あと、赤いランプ(ナビゲーションライト)は、他よりも点滅の周期が長くて撮りやすいね。

Boeing 787from behind @RJOO
(EOS 7D + SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OSM / 大阪空港)

とまぁ、そんなこんなな今日であったが、明日からはまた日本の最果てへ行く。
のだけれども、夜帰ってきてから用意し始めて(まぁパッキングは1時間もあれば終わる)、
何よりも明日からの宿は決めてない。
というか、空港降りてからの行き先も決まってない…

さて、どうしたもんかねぇ。
[PR]
by dbl-h | 2011-07-05 23:59 | 昨日今日の1枚
<< イメージ通りにはいかない あの鐘を鳴らすのはあなた(違) >>