水平線の残照
cloudy afterglow
(GXR + A12 28mm F2.5 / サロマ湖)

午後3時すぎに宗谷岬を出て、宗谷丘陵をドライブしてからオホーツクラインをひたすら南下。
時既に午後7時半、遅い夕暮れがサロマ湖だった。

雲がかなり空を覆い尽くしていたが、僅かに残る空は真っ赤に染まっていた。
僅かではあっても、北海道らしい焼けた空を見られて満足だった。

この後、ダッシュでまた南下し、網走で夕食と給油その他をして、この日の宿である知床斜里に到着したのは午後10時だった。
天気の良い夏の北海道はどうしてもドライブしたくなるし、だからこそ午後遅くから遠くまで走ってきたのだが、
やっぱり最低限、夕暮れが終わる頃にはホテルに着きたいものだ。

まぁ4泊とも毎日、どっぷり日が暮れてからしかホテルに着けなかったわけだが…
そりゃ疲れるわけだ。
[PR]
by dbl-h | 2011-07-14 23:59 | 昨日今日の1枚
<< 高所作業者 惜別の時、コールが木霊する >>