ただそこにある日常の青い空
a scene in a summer day
(PowerShot S90)

今日も暑い夏の日だったが、夕方に一瞬黒い雲に覆われた昨日と違って、今日はずっと空は青かった。
2件のアポがなければ、軽く車を流しに行きたくなるような、そんな天気。

だけど今日は、一昨日倒れた松田直樹選手の訃報に接することになった。
サッカーファンなら知らない人はいないだろう日本の名選手であるし、
何よりも現役であり、つい倒れる寸前まで何の異常もなかったというのだから、あまりに衝撃的すぎた。

私にとって松田直樹という選手は、もちろんサムライブルーをまとった、かつての日本代表の名 DF でもある以上に
敵である横浜マリノスに君臨した「壁」だった。

ここ5〜6年こそ、対等に戦える相手として存在するけれども、
昔はケチョンケチョンにやられていて、ガンバが攻めてもガッツリ堅い守りで跳ね返されていた。
松田直樹という選手に対する私の思い出は、そこにいた「厚い壁」だった。

生え抜きの横浜マリノスを追い出される形になったあと、彼が選んだのは J1, J2 クラブではなく
Jリーグ (J2) 昇格を目指す JFL のクラブであったことは周知のとおりであるし、
そこに彼の男気をさらに感じた人は多かっただろう。私もそうだった。

いつか、今期のどこかのタイミングで、上高地ドライブに絡めてアルウィン・スタジアムへ行こう、
松本山雅FC の試合を、松田直樹の JFL でのプレーを見に行こうとは思っていた。
けれど、その「いつか松本山雅の松田直樹を見に行こう」は、永遠に実現しないことになってしまった…

願わくば、このことを契機に、全てのスポーツ施設に AED を備えるようになって欲しい。
松田直樹選手も、その日に練習していたグラウンドに AED があれば助かっていたかも知れない。
AED があれば、プロアマ問わず、これから助かる人が出てくるかも知れない。

文科省ないし厚労省などが援助し、指導する形で、全てのスポーツ施設に AED が備わる、
そんなキッカケになれば…と思う。

同じ悲劇が繰り返されないように。

そして、松田直樹選手のご冥福を心からお祈りします。
[PR]
by dbl-h | 2011-08-04 23:02 | 昨日今日の1枚
<< そこにない国境 去年を思い出す景色 >>