乗鞍岳と富士山
the aerial photos of Mt. Norikura and Mt. Fuji
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO / 機窓)

先月、ANA 関空→稚内便に乗った際の機窓から。
天気はイマイチで雲が多く、また霞も強かったが、北アルプス上空では少し雲が切れていたので、眼下の景色も見ることができた。
実際には霞が強くて、写真としてはイマイチだったけれども…

左下の山が乗鞍岳。その奥に中央アルプスの最北の稜線、そして雲がかかった南アルプスの山々があり、
一番奥にポッコリと山頂を出しているのは、もちろん富士山。
低い雲の向こうに富士山だけが見える、というのは日本の空ではお馴染みの光景だ。

ってことで、今日は日韓戦。日本が完勝。
今日は札幌ドームだったが、北海道のサッカーファンは U-22 も含めて堪能しまくったことだろう。
正直羨ましい。

守備には不安を残す部分もあったが、デフェンスだけの問題というよりも
後半ボランチが交代してからのバランスの悪さが引き出した問題と思えた。

U-22 で無双していた清武がA代表でもやれたように、攻撃の選手やサイドバックは駒が揃ってきたが、
ボランチの控えとセンターバックに関しては不安が残る。
長谷部、遠藤の2人、特に遠藤がいなくなると、途端にボールの収まりがつかなくなるのは今日もまた同じことだった。

ガンバファンの一人として、ヤット(遠藤)が代表に不可欠な存在として認められている状況は素直に嬉しいが、
反面、4年後を考えると本当に心配なことでもある。
今日も家長に代わっていたが、家長はもう代表レベルじゃないとしか思えないし、柏木もねぇ…

まぁ今日の日韓戦の勝利は非常に嬉しいが、所詮親善試合だしね。
というか、韓国に壊された選手がいなかったのが何よりもの勝利だよ!!
[PR]
by dbl-h | 2011-08-10 23:59 | ちょっと前の1枚
<< 北アルプス中心部一望@空撮 特に何事もない夏の日の空 >>