妙高高原@機窓
the boundary between Nagano Pref. and Niigata Pref.
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO / 妙高山上空@機窓)

今夜は雨中観戦の甲斐あって、ガンバ大阪が川崎フロンターレを下して(名古屋が負けたために)J1首位に!
6-3 という、おおよそサッカーのスコアではない、野球のスコアとしか思えない馬鹿げた試合だったが、
ホントもう馬鹿試合はガンバの十八番である。

決して良いことではないのだが、サッカー観戦初心者や普段サッカーを見ない人には最高のエンターテイメントな試合ではある。
初めてサッカー観戦に行くならガンバ大阪、と言われるのも、点の取り合いになりやすいからであるが、
ファンとしてはザルな守備は勘弁願いたいものだ。
前半2点を入れて快勝ペースかと思ったら、前半のうちに3点入れられて逆転とかね…
勝ったからいいけど、ハーフタイムに思わずビールあおってしまったわ(>_<)

なので、その雨中のスナップを…と思ったけど、さすがに毎度同じような万博のスナップ写真では飽きるので、止めておいた。
といっても、これまたここ数日の続きになる、先月北海道行きの機窓写真なのだけれども、これも今日で打ち止めにしておくかな。

今日の写真は、長野市が一望できた昨日の写真から2分後、妙高山上空あたりでの一枚。
写真中央あたりにある小さな街が妙高高原駅周辺。

その手前、雲に少し隠れ気味なのが、妙高山。7月なのに北斜面には雪がまだまだ残っている。
山頂の左側、雲の切れ間にスキー場が見えるが、数ある妙高山のスキー場のうちの赤倉温泉スキー場だろう。
学生時代を中心に何度も行ったところだ。懐かしい。

写真右上側に見える湖は、ナウマンゾウ化石で有名な野尻湖。
その背後にある山は、スキー場で有名な淫尾…じゃなく斑尾山。

斑尾山北斜面に見えているスキー場はタングラムであり、斑尾高原(スキー場)は山の向こう側にある。
バブルの頃の斑尾高原は、スキーウェアは着てるけど、スキーしに来てるのかどうなのか判らない子がいっぱいでしたね…まさに淫尾。
冬場限定オープンのディスコで、ちょいとDJをしてたなんてこともありましたね。

ちなみに野尻湖や斑尾山は長野県で、妙高高原や妙高山は新潟県。
野尻湖側からの森を抜けて妙高の街に出てきたところに川があって、その川(関川)が写真の右下の方へ流れているのが判りますが、
そこが長野・新潟県境です。
[PR]
by dbl-h | 2011-08-20 23:46 | ちょっと前の1枚
<< 雨の止み間にガイナーレ 長野市@機窓 >>