とある我が街の夕暮写真
today's sunset in my town
(PowerShot S90 / 105mm 相当)

中秋の名月なので月の写真でも〜、というのが定番なのでしょうけど、とりあえずスルーで平凡な夕暮れ写真で一枚。
日没頃に上がってくるお月さんを撮ろうと思ったら、雲に思い切り隠されてしまっていた。
8時頃には雲の合間から見えていたけど、なんかもう撮る気なくしてた。
まぁ元より気合い入れて撮るつもりゼロだったけど…

今週は PowerShot S90 の後継機が出る…はず…たぶん…出て欲しい…
という状況なわけだが、今ひとつリーク情報に乏しい。

G12 後継機は全くの音沙汰なしでスルーがほぼ確定らしいし、
キヤノンは一眼レフの発表が年内なしという噂も流れているので、
やはり震災の影響が色濃いのかもしれない。

ニコンは月内に一眼レフのレンズも使用可能なミラーレス機を出すようだし、
D700 後継機もいよいよ来月末という話だから、
EF マウントユーザーとしてはジリジリとしてしまう。

ペンタックスやオリンパスが何を出そうと「ふーん、動体相手の AF が話にならないカメラは俺には関係ねぇ」だし
ソニーのα新機種も興味はあるが購入を検討するところまではいかないし、
元よりミラーレス機はサブマウントだから別次元。
だけど、ニコンだけはやっぱり気になる。元ユーザーでもあるし。

ま、そうはいってもユーザーは指をくわえて待つしかないんだけどね。

話は変わって Twitter でも文句たれたけど、また Flickr で「うちが作ってる書籍に写真使わせてくれ」DM が来た。
しかしまぁ、酷かった。

俺の名前は間違えてる(知らない名前。たぶん何通も同じメールを送ってるんだろう)
自分の名前や所属会社は名乗らない(姓だけ、連作先メアドもなし)
どこの発行元のどんな書籍に利用するか一切書いてない(どんな本に使うか判らなかったら許可の判断ができるわけなかろう)

こんな調子で「写真をお貸し下さい」とメールしてくる馬鹿編集者だった。
どこぞの底辺編プロ所属なのだろうが、社会人として礼儀がなってないにも程がある。

俺の写真はどうしようもない糞写真ばかりだが、だからといって
「安く制作するために、掲載する写真を Flickr で検索して無料での使用許可もらえばいいや」
とか思ってる輩に、ふざけたメール送られて許可できるほど器はデカくない。
だいたい、人の名前を間違って無料で写真を使わせてもらおうとか、ふざんけなwww
当然思い切り拒否メールを送ったら「後から言おうと思ってました」だって。

Flickr は割と早い時期から使っていて、昔はプロアカでオリジナルサイズの写真も載せていたせいもあり、
内外問わず年に何度かは掲載依頼がくる。
たいていは(権利譲渡や鬱陶しいことを言ってこなきゃ)許可しているのだけれども、
年に1回くらいは、こういう馬鹿が現れる。

いやホント、この御時世、安く本をあげたいのが判るが、
Flickr で素人写真を引っ張ってきて無料で使うことばっかり考えてる編プロは潰れたら良いのに。
まぁ Pixiv で見つけた素人に巧いこと言ってタダでイラスト書かせたりするのと同じ感覚なんだろうな。

今年になって Getty Image に招待されて商業利用契約も結んでるし、
写真使いたいならそっちで金払って使ってくれよ、って気分だわ。

そんな大層な写真でもないんだけどね。

あ、そうそう、メインブログの方を更新した。

百均で買えるデジタル製品向け便利アイテム

以前書いたつもりでいた内容だけど、参考になる人は結構参考にできると思う。
[PR]
by dbl-h | 2011-09-12 23:59 | 昨日今日の1枚
<< 一夜遅れの月 ネタがない >>