秋の雲と何とやら
Autumn cloud - Cirrocumulus cloud
(PowerShot S90 / 35mm 相当 / 少々トリミング)

今日は出歩く中で大した被写体もなく、夕暮れのいわし雲か、うろこ雲か判らないけど、秋っぽい雲を一枚。
まぁ、いわし雲も、うろこ雲も、さば雲も全部同じ種類の雲(巻積雲)だし、
特に秋だけの雲ってわけでもないですけどね(天気が下り坂の時によく出る)。

それでも、いわし雲も、うろこ雲も、さば雲も、秋の季語。
日本人が古来から秋を感じさせられてきた雲なのでしょうし、
そして日本人の遺伝子ゆえか、生活の中で刷り込まれたゆえか、やっぱり秋の雲と感じてしまうわけで。


さて、昨晩は Amazon から衝撃の Kindle シリーズの発表があり、
今朝は Sony Reader の新機種に、ソフトバンク秋冬モデルの発表会があった。
ので、またメインブログの方へ適当雑記に書き連ねてみた。

衝撃の$199!Amazonの7インチタブレット Fireは激安…でも米国限定 orz
KDDI と提携した Sony Reader 新モデルとか、ウルトラマン押しのソフトバンク発表会とか。

Sony Reader も頑張ってるとは思うけれど、やっぱり Amazon の衝撃度がデカ過ぎて、単なるマイナーチェンジだよね、で終わってしまう。
ソフトバンク秋冬モデルについても色々興味深い点はあるけれど、興味深いモノは全て来年、という感じ。
それに、元々大きく見せるのが常套手段の社長だけに、どれもこれも慎重に見ざるを得ないから興奮はない。

おまけに、スマートフォンについては、もはや興味を惹く進化は終わってしまったと感じているので、
アレコレ出たところで、あーそうですか、あーそれもスマートフォンになりましたか、あーウケるかもね、
という印象くらい。

思えば、iPhone リリースでスマートフォンブームが起きてから、まだ5年も経ってないけれど
一気に来て、一気に“普通のもの”“家電商品化”になってきた。
ホント早かったな。

デジタルカメラもそうだけれど、
速くなろうが、綺麗になろうが、薄くなろうが、軽くなろうが、それは実用面では嬉しいことだけれども、
画期的な長足の進歩がないなら、別に何も興奮はしない。
予測できる順当進化は重要であっても、何も面白いことはない。

面白いのは、やはり自分が変わる、生活が変わる、趣味のあり方が変わる、
そういった「使い方の変化」が起きる時だ。

その変化をもたらすものには興奮するし、作ったところには敬意を表したい。
と同時に、そういったものに対しては守られるべき何かはあると思っている。
[PR]
by dbl-h | 2011-09-29 22:33 | 昨日今日の1枚
<< ピンクリボン@埋田スカイビル 暮れゆく門前の集落 >>