75mm 手持ち4分の1秒 夜景
night view of Rokkou Island, Kobe City
(EOS 7D + TAMRON 18-270mm F3.5-6.3 Di II VC PZD / 75mm 相当 / トリミング / 六甲ガーデンテラス)

一昨日は GF2 + 新しいXレンズ、昨日は GXR + A12 28mm と来たので、今日は EOS 7D + TAMRON モデル B008。
かれこれ使い始めて1ヶ月近くになって、便利に使えているが、イマイチ信用しきれないレンズ。

なんかこうピンぼけ気味の甘い描写が多い。
かと思えば、それなりにキッチリ写ることも多いのだが…
AF はそれなりに微調整してあるのだけど、う〜む。

しかし、タムロンの手ブレ補正機構 VC は、よく止まる。
これほど小型の筐体に入れられる(超音波モーターも入ってる)にも関わらず、ビシッと止まる。

昨日、手ぶれ補正がないにも関わらず GXR はよく止められる、と書いたが、
さすがに、それなりの重量がある一眼レフとよく止まる手ぶれ補正のあるレンズの組み合わせは別格だ。

三脚を立ててちゃんと撮るものとは比類すべくもないが、
たまたま来てみた際の手持ち撮影としては、まずまず満足できるレベル。
甘いけど、記録写真としてもギリギリ使えるレベルにはなっている。

モデル B008 の手ぶれ限界を試しつつの撮影だったが、
比較として撮った GXR も GF2 も 28mm で撮ってて殆どマトモなものがなかっただけに
このレンズの手ぶれ補正の効きが実感できた。
75mm 相当で 1/4 秒でそこそこ止まるなら、ちょうど4段分。公称値通りだ。

となれば、多少画質には目をつぶっても、あとはフォーカシングの精度だけだなぁ。
Xレンズ(LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm)もそうだけど、像面湾曲が強くてボケっぽくなるのは仕方ないけど
それとは違う部分でなんかなぁ…

信用して使えれば、本当に便利ズームになるのだけど。
(堕落ズームにもなるが >_<)
[PR]
by dbl-h | 2011-10-18 23:37 | 昨日今日の1枚
<< いつものレンズテスト・ポイント 信頼の GXR >>