六甲枝垂れ Lightscape in Rokko by 六甲ミーツ・アート芸術散歩 2011
Rokkou Shidare (one of the art work of Rokko Meets Art event)
(DMC-GF2 + LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6 / 28mm 相当 / 六甲ガーデンテラス)

今日は夕暮れ時に南西の空がかなり良い感じだったのだが、近所のショッピングセンターへ行くだけだったので、デジカメを持っていなかった。
ということで、1週間前の六甲山での一枚。

六甲でもメジャーな展望台の一つ、六甲ガーデンテラスの横にある「六甲枝垂れ」。
それを派手にライトアップさせているのが「Lightscape in Rokko」という芸術作品だそうで、
去年に続いて行われている「六甲ミーツ・アート芸術散歩 2011」の作品の一つ、らしい。

まぁ私みたいに「芸術なんて判らん!」という人にとっては、
これが芸術とか言われても、(´Д`)ハァ… でしかないので、まぁ何とも言いようがない。
単なるライトアップじゃん?としか思えない。
身も蓋もなくてスイマセン。

というか、ここは元々“廻る十国展望台”だったのだけど、いつしかこんなもんになっていて
今は“六甲枝垂れ”などという“廻る十国展望台”に比べりゃ手抜きみたいな展望台なのに金を取るわけだから、なんだかなーである。
(私が東京在住の間に周辺も合わせて再開発された)

大阪へ戻ってきた後、こんなライトアップをしてない時に始めて来て、こんなもんに金取るの!?マジで!?って思ったし、
確か“廻る十国展望台”の時は 200円だったはずだから、ここへ入る時に 300円とか言われて、アホかと思ったね。
もちろん、私一人で車流しに来たその時は絶賛スルーだったのは言うまでもない。

上がってみても、下のガーデンテラスより多少は景色が良いとはいえ、大差ない。
標高差は 20m かそこらだから違いは知れている。

というか、ガーデンテラスも小洒落たエリアになったのは良いけれど、
駐車場は昼夜関係なく有料になってしまったし、なんだかなーである。

あ、そうそう、今ちょっと「六甲ミーツ・アート芸術散歩 2011」を見たら、

リコーフォトコンテスト in 六甲ミーツ・アート 芸術散歩2011

というイベントをやってるのを知った(芸術散歩イベント同様 11/23 まで)。

こんなことなら GXR でもっと写真をとっておくべきだった〜
…なんて思わないけどね。
アートすら判らんのに、アート作品を題材にアートな写真なんか撮れるわけがない。


さて、メインブログの方に iPhone 4S に関するインプレッション記事第2弾を掲載した。

満足。でも他人に薦めない建前と本音 ~ au 版 iPhone 4S セカンドインプレ【au編】

まぁ、なかなか書きづらくて、結局無駄に長くなってしまった。
実際に言いたいことは3行で済むんだけど。
最も言いたいことは1行で済むんだけど。

「お前ら、俺の au 満足環境を邪魔しないように au へ来んなよ」

それが本音だけど、何か問題でも?
[PR]
by dbl-h | 2011-10-24 01:16 | 最近の1枚
<< 逆光耐性 脱出っ! >>