歴史的建造物とグチャグチャすぎる電線
Shibakawa Building
(DMC-GF2 + LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6 / 28mm 相当 / 淀屋橋)

連れのリクエストで、淀屋橋の芝川ビルの中の珈琲屋へ。
昭和初期建造のままを残す歴史的建造物かつ国の登録有形文化財である芝川ビルの存在は私も知っているが、中の店に入ったのは初めてだった。
玄関口を覗いたくらいはあった気がするが、そんな程度だったと思う。

地下の珈琲屋の珈琲も美味かったし(私は珈琲の味は大して判らないが、ちょっとうるさい連れが満足していた)、
なかなか雰囲気のあるビル内で良かった。
保存建築物のせいか、店子も雰囲気を考えて入居されているようだ。

ま、それは良いのだけど、この電線の嵐はなんとかならんのかと。
お隣の区画から北は再開発の新しいビルが林立しているくらいのビジネス街だから、
電線の一つや二つ、どうでもいいのだろうが、それにしてもちょっとこれは…である。

電線地中化はかなりのコストがかかるし、必ずしも良いことばかりではないので
景観派?がいうように、あっちこっちも全部電柱をなくせ、とは思わないのだけれども、
せっかくの保存建築物が縦横無尽に張られた電線によって台無しな雰囲気なのは間違いない。

ってか、人通りの多いところ、平日の午後だったから、こうやって写真を撮るのも気が引けたけどね。
真面目にお仕事を励んでいる人ばかりのところ、パチパチと写真を撮りつつ珈琲飲んでるなんて…
そんな余裕ある身分じゃないのに(^_^;)

おまけに、今日は GF2 を持っていったのはいいけど、また背面液晶に騙されて
オートブラケットで撮影した写真の適正露出を消してオーバー目の写真だけを残してしまった。
背面液晶がちょっと暗めに見えるから、これをやっちゃいけないのに、うっかり忘れてた…

背面液晶で確認できるのはいいけど、こういうミスには気を付けないとな。
もう 1/3段、2/3段でマイナスで撮ったのを残しておけば良かった…orz
[PR]
by dbl-h | 2011-11-18 23:59 | 昨日今日の1枚
<< 雪だるま? 林檎の向こう側 >>