古都の日没
at dusk in Nara City
(GXR + A12 28mm F2.5 / 奈良・興福寺)

書きかけで更新し忘れたまま日付が変わっていたので、慌てて更新。
昨日奈良へ行った帰りがけに、数枚写したうちの一枚から。

ちょうど日没の頃だったので、興福寺東金堂(国宝)の前にて撮影。
右手に見えるのは、南円堂(重要文化財)の屋根。
もうちょっと良い場所で撮りたかったけど、あっという間に暮れていく冬の夕陽はそんな余裕すら与えてくれず。

しかしまぁ、久しぶりに興福寺に行った(というよりは通った)けれど、いいね。
右見ても国宝、左見ても重文。
興福寺だけでどんだけ国宝と重文があることやら、なお寺だからねぇ。
さすがは藤原氏の始祖、鎌足の寺だけはある、と改めて実感。

近年はロクに行ったこともないけれど、ちゃんと奈良散歩もしたいところだ。
今回は鹿とも会えんかったし。

久しぶりといえば、昨日は久しぶりに GXR を持ちだした。
雨が降ってきたこともあって、殆ど撮影機会がなかったけれど、1ヶ月ぶり?いや2ヶ月近く持ち出してなかったし、
それが気になっていたので、持ちだして数枚だけど撮っていた。

ぶっちゃけ、ちゃんと撮るのが久しぶりで、少し操作に戸惑ったくらいだ。
元々 GXR は、撮る時のフィーリングやグリップ感、カスタマイズ性はいいけれど、
メニュー周りなどは整理されておらず、判りづらいからね。

それでも、やっぱり撮るフィーリングは良いね。
GF2 とは違う。しっくりくる。
帰ってきてからの画質にも満足できる。

28mm と 50mm ユニットを頻繁に付け替えるのは面倒だし、
中望遠がないことで嫌になることも多いし、
AF はトロい上に、背面液晶も微妙。

でも、やっぱり、このサイズで本当に良質なカメラだ。
GF2 と X レンズは便利だけど、なんかちょっと違う。
それらは折を見て売却の方向かな…と思った昨日だった。
[PR]
by dbl-h | 2011-12-11 23:59 | 昨日今日の1枚
<< 五重塔 手持ち一発、紅い月 >>