ハイスピード連写 HQ から一枚
looking up
(PowerShot S100 / 50mm 相当 / ハイスピード連写 HQ / 大阪モノレール)

PowerShot S100 の新機能の一つ「ハイスピード連写 HQ」で撮影した8枚の連続写真のうちの1枚。
S100 はコンパクトデジカメにしては画質が良いとか何とか言っても、
このベタッとした塗り絵のような写真を見ると、いささかガッカリしてしまったりする。

というわけで、その他機能面でもダメ出しの多かった S100 ファーストインプレ記事2回目をメインブログに掲載した。

万能多機能だけど、まだまだ改良の余地あり PowerShot S100 ファーストインプレ《2》

多彩な撮影モードについても色々と感じたことを書いておいたが、
「ハイスピード連写 HQ」については今回の記事ではペンディングにした。
まだあまり良い被写体で撮ってない気がしたからだ。
この写真もボツ写真。

とはいえ、「ハイスピード連写 HQ」はなかなか素晴らしい。

撮影素子に読み取り速度が高速な CMOS を採用することの多い最近のコンパクトデジカメでは
高速連写モードを搭載していることは珍しくないのだが、
高速連写モードの場合は撮影画像サイズが小さくなるなどの制約がある機種も多い。

しかし PowerShot S100 の「ハイスピード連写 HQ」では撮影される画像は通常と同じ 1,200万画素の JPEG 画像。
さすがに RAW 画像は撮影できないが、普通のオート撮影、シーンモードの延長にある。
それでいて秒間 9.6コマというのは素晴らしいし、撮影素子や DIGIC V エンジンの素晴らしさが垣間見える。

ただ、おそらくはバッファの関係であろうが、連続8コマしか撮れない。
せっかく秒間 9.6コマなのに、8コマしか撮れなければ、1秒も撮れないのである。
これではせっかくの素晴らしい機能も魅力半減。

ま、上記記事に書いた GPS 機能と同じく、来年の次機種(PowerShot S110?)で改善されるのだろう。
2秒くらい撮れると面白いし、撮影に余裕ができるのだけどねぇ。
1秒も撮れないとなると、どのタイミングでシャッターを切るかが難しい…

ちなみに「ハイスピード連写 HQ」では AI Servo が効くようなことはないようです。
AF は最初の1コマで固定されるようですね。
AI Servo 効きながら秒 9.6コマも撮れたら 1D系ですな…
[PR]
by dbl-h | 2011-12-17 23:59 | 昨日今日の1枚
<< 上から目線で失礼 駅前イルミ >>