カテゴリ:ずっと前の1枚( 54 )
特に何事もない夕暮れ
the sunset of one day
(GXR + P10 / 35mm 相当)

今日も「祝!なでしこ、五輪出場決定おめでとう!!」くらいしか言うことはないですね。ない。

今日の北朝鮮戦は、今大会通して内容の悪いなでしこ日本でも、特に悪い内容だった。
けれども、結果は引き分け。
数少ないチャンス、むしろワンチャンスを生かしての得点をロスタイムに追いつかれたの同点。

正直悪く言えば、いくらでも言えるのだが(というか、良い点がロスタイムを除いてよく踏ん張ったこと以外にない)、
五輪予選、W杯予選というのは、とにかく結果だけが求められるもの。

内容がどんだけボロボロでも勝てば、予選通過できれば、それだけで「可」がもらえる世界。
どんだけ素晴らしいサッカーをしても予選通過できなければ「不可」。
「優」「良」がもらえれば最高だが、まずは「可」がないといけない。

W杯優勝以降、取材その他の過密スケジュールで大変だったし、
今回の五輪最終予選は、人間の限界に挑戦するような過密日程に、糞過ぎるグラウンド状態だから
内容云々を求めても仕方ないと思っている。

W杯優勝以降、取材その他の過密スケジュールを批判する人も多いけれど、
女子サッカーが未来に繋がっていくかどうかは、ここから1年が正念場なのだし、
彼女らが一番それを判っているのだから、全てを満たした現在、何をいう必要もないと思う。
反省は必要でも、批判は不要だろう。

同じことは、男子A代表にも言えることで、ザッケローニ監督が就任してすぐにアジア杯があった。
アジア杯が終わって、大した数の親善試合もできないうちに(本来ならコパ・アメリカがあった)W杯予選である。

試行錯誤も大してできないうちに、長友や本田の怪我があったのだから、
闘いながら色々と試行錯誤するのは当然だろうし、
それでも薄氷ながら必要な結果は出している。

これで無闇やたらに批判する奴はなんだろう?と思う。
内容にやたらこだわる奴はアホかと思う。
まぁ、人それぞれ意見はあるから、批判するな、とは言わないけれど。

同じことはガンバにも言えて、やたら「ガンバらしいサッカー」というのにこだわる人もいるけど、いやいや、結果が第一でしょ。
負け続けて「Jリーグに要らん」とか言われてた過去を体験してたら、勝ってナンボとしか思えないはず。
というか、今の「ガンバらしいサッカー」は西野監督になってからのサッカーだから、そういう言い方は未だに違和感がある。

プロなんだから、美学や内容を求めて結果がついてこないなんて許されるわけがないし、
内容や自分の好み(若手使え厨)に傾きすぎて結果を軽視するのは、未成年の間だけにして欲しいね。
[PR]
by dbl-h | 2011-09-08 23:35 | ずっと前の1枚
久しぶりに竹富島行きたい感じ
Taketomi Island (view from the ship)
(GXR + A12 28mm F2.5 / 竹富島@安栄観光高速船中)

数日前に、ふとテレビで竹富島の紹介をやっているのを見て
「そういや、久しく竹富島に行ってねーなー」
と懐かしく思って、行きたいと思い始めた。

ので、この春、竹富島の横を高速船で駆け抜けた時に撮った一枚を。
ホント、平べったい島だ(黒島とかもそうだけど)。

竹富島には何度か行ったことがあって、でもまぁそうそう観光する所があるわけでもないし、
何度も行ってるうちに、しばらくは来なくていいや的に思って、
最近石垣島に行っても竹富島には足を運んでいなかった。

最後に行ったのは、5〜6年前に日帰りで竹富島へ行った時だろうか。
あの頃はまだ JAL/ANA にバースデー割引なんてものがあって、石垣往復2万円で行けたりしたのだ。
ホント、あの頃まではバーゲンフェアとかタイム割とか色々な割引があって、飛行機旅大好きな身には良い時代だった。

で、この春も、目の前に竹富島を望むリゾートホテルに滞在していたから
行こうと思えば行く時間はあった。
が、完全スルーだった。

ってか、沖縄も観光的なところは既に何度も足を運んでいる所が多いので、
観光よりはゆっくりしたい気持ちが強い。
だから3泊程度とかだと、できるだけ動かずマッタリという気分になる。
まぁ、歳を取ったということだが(>_<)

そんなわけで、久々に竹富島に行きてーなー、という気分になっていて
今日はその思いからの一枚だった。

あ、そうそう GXR の機能拡張ファームウェア第4弾が来たので、それについてメインブログの方に書いといた。

再び神アップデート キタコレ! GXR 機能拡張ファームウェア第四弾

素晴らしいアップデートだけど、上記記事にも書いたが、個人的には「あそこを直さんかー」みたいなところがあったりして、
ちょっと喜び半分みたいな部分もある。
フォーカスアシストに関しても、ぶっちゃけ NEX のピーキング機能の方が俺は好きだし、判りやすいとは思おう。

まぁ、条件によっては全くアテにならない GXR の AF を MF で補わなければならないことを思うと、
私みたいに MF からっきしダメな人間には、こういったサポート機能はほんとうに有難いけどね。
[PR]
by dbl-h | 2011-08-31 23:46 | ずっと前の1枚
ストでストップ
the windmills at Soya hill, Hokkaido
(EOS 7D + EF24-105mm F4L IS USM / 90mm 相当 / 宗谷丘陵)

昨日、福岡をダッシュで往復してきたわけだが、明日からはまた日本の僻地へ行く…
予定だったが、ANA グループのストライキ予告のために、明日の出発は中止して延期することになった。

ストライキが決行されたら飛ばないことは確定している便であるし、
便の振り替えはしてくれても、レンタカーや宿のキャンセル料まで払ってくれるわけじゃないからね。
それにしても、珍しく ANA に乗ることにしたら、これだ。

本当なら半日後には、こんな景色をまた見られたかも知れないのに…
と思いつつも、今月は仙台にも行っていたし、福岡へ連チャンだったし、色々とやるべきこともあるので、少し間を置いて良かったかも知れない。
それに、明日以降の北海道はあまり良い天気でもないし。

ま、このことが良い方向へ転んでくれれば良いのだけど…
[PR]
by dbl-h | 2011-06-27 23:59 | ずっと前の1枚
さよなら JAL A300-600R
JAL's A300-600R@RJEC/AKJ of past days 1

JAL's A300-600R@RJEC/AKJ of past days 2

JAL's A300-600R@RJEC/AKJ of past days 3

JAL's A300-600R@RJEC/AKJ of past days 4

JAL's A300-600R@RJEC/AKJ of past days 5
(いずれも EOS 1D Mark III + EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM)

今日は京都から帰ってきて、アレコレごちゃごちゃとしていたら、日付が変わりそうになっていた。
京都では特に写真を取ることもなかったのだけど、適当スナップから一枚載せてお茶を濁そう…

と思っていたのだが、そういえば、今日は JAL A300-600R が全機引退する日だった。
なので、A300-600R の写真を載せようと思ったが、既に何度か載せたこともあるので、それとは違った写真を…

と思って、まだ未整理の写真フォルダを NAS から探って見つけてきたのが、2年前の旭川空港での写真。
ちょっと露出ミスしているのでレタッチでカバーしたりしつつ、適当に5枚並べてみた。

JAL に統合合併される前の日本エアシステム (JAS) では、地方路線の主力機体として大いに活躍した A300-600R。
羽田〜旭川間を始めとして、私も結構お世話になった記憶がある。
まぁ大して好きな機体だったわけでもないし、元々飛行機の機体に関しては(一部を除き)あまり強いコダワリはないけれど。

でもまぁ近年は、大好きな旭川空港での JAL と言えば、ほぼ A300 のピストンだったから、
それがもうなくなってしまったというのは、なんとなく時代が過ぎて行ったなぁ…という気はする。
後釜はさらに小さな B737 だったりするしねぇ…
[PR]
by dbl-h | 2011-05-31 23:59 | ずっと前の1枚
the road under the summer blue sky
(EOS 7D + EF 24-105mm F4L IS USM / 38mm 相当)

アメリカにとっての 9.11 がそうであったように、日本も 3.11 が大きく変わる節目になる…かもしれない。
近年、諸手当のばら撒き財源の代わりとして、無駄な公共事業と切って捨てられた様々なモノの価値が見直される…かもしれない。

そう思いつつも、阪神大震災後の首都圏での忘れられ方は(2ヵ月後にオウム真理教事件があったとはいえ)酷いものだった。
今回は首都圏を大きく巻き込んで長期の影響が出ている分だけ違うだろうが、
事態が収束して数ヶ月、半年、1年、数年と経つうちに、喉元を過ぎれば状態にならなければいいのに、と今から思う。

日本の進む道は 3.11 で変わるのだろうか?
[PR]
by dbl-h | 2011-03-19 22:13 | ずっと前の1枚
ある夏の風景 - 2 / 行ったつもりで募金
in the Soya Hill #2 Windmill
(EOS 7D + EF24-105mm F4L IS USM / 64mm 相当)

昨日に続いて、夏の北海道・宗谷丘陵からの一枚。
モノトーンや暗い景色を載せる気になれないので、今日もこれでお茶を濁す。

プロ野球のセ・リーグは空気が読めないどころか、反社会的とも言えるナイター開催・ドーム開催を強行しようとしているが、
サッカーの方はJリーグ開催中止に続いて、首都圏での日本代表試合を中止し、代わりに大阪で29日のチャリティーマッチが決定済みだ。

さらに、J各クラブ同士のチャリティーマッチも決まり始めていて(練習試合をする必要もあるだろうし)、
ガンバ大阪も27日にヴィッセル神戸とのチャリティーマッチが決定、
加えて様々なチャリティー活動が行われることを本日発表した。

私自身、ガンバがチャリティーマッチを行うという話が出てきた時から色々考えていたが、
明日発売のチャリティーマッチのチケットを買う代わりに、募金することにした。
チャリティーマッチのチケット代とチャリティーTシャツ分、それらを合わせた金額を再び日本赤十字に寄付した。

既に日本赤十字やらiTunes Store 経由やら、ポイント、マイルの類も出来うる限り出しているので、
今の生活レベルだとそろそろ限界なのだけど、“ガンバは別腹”なので(笑)、どうせこういうのは行ってしまうから、
チャリティーで「収益」を寄付されるくらいなら、“行ったつもり”で直接寄付した方が良いかな、と。
そんな思いがずっと拭えなかったので、明日のチケット発売で迷う前に行動しておいた(^_^;)

もちろん、チャリティーマッチをやる意味はあるし、大勢の人が見に行ってチケット完売、満員となって盛り上げて欲しい。
過去に書いたように、非被災地ではできるだけ日常を行うべきだからね。

ただ、個人的に、まだ“サッカーを楽しむ”気分になりきれないのも事実。
先日の ACL のように、公式戦ならばサッカーを楽しむこととは別に、“ガンバを応援する”ことに迷いはない。

逆に言えば、“ガンバを応援”できても“サッカーを楽しむ”気分になれないので、チャリティーマッチなら“行ったつもり”で寄付することにした。
それに、直接寄付した方が、少しでも金額が多いのは明らかだからね。
今は自分の楽しみより、1円でも多く寄付したい気分だ。

Jリーグ再開後も、経済基盤が整ってるガンバ大阪はともかく、できるだけ J2 クラブのスタジアムへ足を運びたいと、より一層思う。
被災されているクラブはもちろんのこと、そうでない J2 クラブも、多くは経済基盤が弱いから、震災の影響は小さくないだろう。
京都や東京みたいな J2 でも大きなクラブはどうでもいいが、地方のおらが町のクラブが危機に瀕するのは哀しい。
私は、ガンバがずっと好きだが、それと同じくらい各地域に J クラブがあることが好きだから。
[PR]
by dbl-h | 2011-03-18 22:57 | ずっと前の1枚
ある夏の風景
in the Soya Hill #1 Windmills
(EOS 7D + EF 24-105mm F4L IS USM / 38mm 相当)

被災地にはあまりに辛い真冬の寒波。
大阪でも雪降る日であった。
そして地震に端を発する“災害”は終っていないどころか、先が見えない。

なんかもう、載せる写真くらいは、冬や陰々滅々さを感じないものにしよう。
そう考えて、いつかの夏の北海道写真を載せてみた。宗谷丘陵である。

地震発生当初から時間が経ち、影響のある地域の人々には疲れと苛立ちが積み重なっていく時期だろう。
そんなこともあって、地震・原発に対することや、それへの対応についての思いを Twitter その他で書くのは、できるだけ控えめにしようと思っている。
と思いつつも、ついつい言いたくなるようなことはあるんだけど…

原発のことについても、いま東電や政府を責めたところで、何の益もない。
以前から〇〇と言っていたのに云々…みたいなことをネットやテレビで訴えかけてる人やリツイートしている人も多いが、
現時点では「だからなに?」でしかなく、野次馬と変わらない。
責任問題、過去の追求は事象が収束して、次の段階に移ったときに行うべきことだろう。

残念ながら、今はまだ、災害は現在進行形だ。
復興段階でもない。
被災を少しでも減らすべく対処の時だ。


[PR]
by dbl-h | 2011-03-17 21:47 | ずっと前の1枚
陽はまた昇る
f0169811_22231828.jpg


冥福と復興の祈りを持ちつつ、前を向いていこう。
日常が送れる人間は、日常を営もう。
できることは、無理のない範囲でやろう。

被災からの復興は長い月日がかかる。
いま自分勝手にヒートアップしたり、喉元過ぎれば熱さを忘れるようなことだけは、あってはならない。

自戒とともに。
[PR]
by dbl-h | 2011-03-13 22:34 | ずっと前の1枚
思い出の JAL ジャンボ@伊丹空港 2006.3
先日 JAL のジャンボジェット Boeing 747 は全機退役した。
今週末は、あちこちの飛行機屋さんのブログやウェブサイトで思い出の写真を掲載しているのに習って、私も載せてみた。
伊丹空港がジャンボジェット乗り入れ禁止になった 2006年3月末、最終便まで数日間ジャンボを撮り続けていた時から何枚かピックアップしてみる。
(アップロード先がいつもと違うため、掲載写真はいつもより小さく、クリックで拡大されます)

f0169811_21343120.jpg
あの頃はまだ、伊丹スカイパークは全くオープンしていなかった…


f0169811_2135363.jpg
お馴染み、聖地・千里川。すぐ頭上をジャンボが通過した後の爆風も、懐かしい思い出…


f0169811_21352291.jpg
どこから見てもジャンボと判るタンコブと4発エンジン


f0169811_21353511.jpg
多くのギャラリーがいる千里川を通過するジャンボ(スカイランドHARADA から)


f0169811_2135507.jpg
着陸寸前の JAL ジャンボ


f0169811_21361437.jpg
操縦席のない1階席最前列も、2階席も皆懐かしい…


f0169811_21362797.jpg
六甲山に沈む夕陽と JAL ジャンボ。こんな風景はずっと当たり前だと思っていたのに…


f0169811_213641100.jpg
伊丹乗り入れ最後のジャンボのプッシュバック


最近はちょくちょく偉そうなことを言うものの、私のカメラ歴は6年程度で、初心者に毛が生えたか生えてないか程度。
この頃はまだ本当に何も判っていなかった初心者だったし、ちょうど飛行機を撮り始めた頃だった。
今なら(たとえ同じ機材でも)もっと良い写真が撮れたのに…と思う。

撮り直したいと思えど、もう伊丹空港にジャンボジェットが乗り入れることはなく、
ついに JAL のジャンボジェットはなくなってしまった。
そして、日本の航空会社からジャンボジェットが消えようとしている。

羽田〜伊丹を往復する時も、羽田〜千歳を行き来する時も、ごくごく当たり前のようにジャンボだった。
それは、そう遠い過去じゃない。5〜6年前まではそうだった。
しかし今、本当に遠い過去になろうとしている。

時は流れ、全ては移ろい、当たり前だった景色が思い出へと変わる。
さようなら JAL ジャンボ B747-400。
[PR]
by dbl-h | 2011-03-06 22:01 | ずっと前の1枚
千里川一風景
JAL's B767 at Senrigawa, RJOO
(DMC-G1 + 7-14mm F4 / 14mm 相当)

今日は帰宅後に、年末の有田行きの写真を整理して掲載…と思っていたのですが、
DOMMUNE(ustream でも中継されるクラブ)で、我が師匠 Dub Master X
今大人気の Moonbug が DJ プレイするということで DOMMUNE Live に釘付けになっているので
在庫でお茶を濁させていただきます(^^;)

いや、でもダブさんの DJ は、オッサン殺しオバサン殺しだけど、世代を超えて DJ テクニックの豊富さと熟練した巧さ、
ジャンルを越えた選曲を流れの中で自然に踊らせる、聞かせる技は素晴らしいね!
[PR]
by dbl-h | 2011-01-19 23:20 | ずっと前の1枚