カテゴリ:ずっと前の1枚( 54 )
吹雪の果て
train window at Wakkanai, JR Soya Line
(PowerShot S90 / 35mm 相当)

昨年2月末〜3月上旬の北海道行きの際に撮った、スーパー宗谷からの車窓。
南稚内〜抜海間で一瞬だけ見える日本海。
どこまでが雪積もる大地で、どこからが荒波なのか判らない景色。
夕暮れ時で非常にノイジーな写真だったが、モノクロに落とすと結構好きな写真になった。

というのは、ちょうど今たまたま試して良かった話。
手元には未処理未整理の写真が山ほどあって(150GB 分くらいある)、今日の写真をどうしようかと思った際、
ちょうど去年の手術から1年経ったことを思い出して、手術後始めての北海道の時の写真を選んだ。

「何とか真冬のうちに北海道へ行きたい」
それが手術と手術後の回復の糧だったように思う。
なんにせよ、一年経って無事に生きている、そしてまた北海道へ旅して写真を取ることができている、
そのことに有難味を感じざるを得ない。
再発・転移の怖さは常にあるけれど、できるだけ真冬の北海道へ行ける日々が長く続いて欲しいと願うばかりだ。
[PR]
by dbl-h | 2011-01-18 23:30 | ずっと前の1枚
謹賀新年
Hatsumode (初詣)

あけましておめでとうございます。今年もこの場末ブログをよろしくお願いします。

さて、元旦早々から今日の写真と見せかけて、実は2年ほど前の写真です(^_^;)
今日は午後から出かけようと思っていたのを取りやめたので、ひたすら引き篭ってました。
睡眠時間4時間ほどだったので、ガンバが負けて興味の出ない天皇杯決勝もすっ飛ばして昼寝してました…
いやホント、色々やりたいことがたくさんあって…と思ってる割には、今年も怠惰すぎる始まりになってしまいました。

さて、昨年 GXR を買って「コンパクトサイズながら撮る気になる」カメラという長らく求めていたものが得られたわけですが、
今年もどんな面白いカメラが出てくるのか、楽しみでもあります。
そして何より自分が撮る写真も、もう少し自分が納得できるものでありたいと思います。

私にとって写真を撮ることは趣味ですから、他人に評価されるより、まず自分が納得したい。
他人に評価されるのも悪くないけれど、趣味ゆえに、まずは自己満足したい。
「良い写真が撮れたなぁ」
撮れた瞬間にそう思えるだけでなく、帰ってきて冷静に撮った写真を見てもそう思えるような、
そんな写真が一枚でも二枚でも撮れるようになりたい、と思う次第です。
[PR]
by dbl-h | 2011-01-01 23:13 | ずっと前の1枚
春真っ盛りなのに、季節外れな冬の写真を投稿してみる (4)
f0169811_23412178.jpg


1月中旬の富士山を新幹線車中から。
本当に今年の冬はどこの山も雪が少なかった…

ちなみに、今まで flickr にアップした画像を貼り込んでいたが、Excite Blog にアップして貼り込んでみるテスト。
最大 500KB だが、50% 縮小して JPEG 圧縮率を程々にすれば収まる感じですな。
今どき、最大 500KB というのも珍しいくらいだが…

なんだ、これ…
投稿時に表示サイズ指定しても、ブログ上では一定以上のサイズでは表示されないのか…
Excite Blog はホントに妙な制約とか癖が強くて萎えるなぁ…
[PR]
by dbl-h | 2009-04-12 23:45 | ずっと前の1枚
春真っ盛りなのに、季節外れな冬の写真を投稿してみる (3)
Katsura river at Arashiyama, Kyoto

冬の嵐山にて
[PR]
by dbl-h | 2009-04-11 22:33 | ずっと前の1枚
春真っ盛りなのに、季節外れな冬の写真を投稿してみる (2)
Mt. Fuji at dusk

長野・山梨県境近く、小淵沢から遠く望む夕暮れの富士山
[PR]
by dbl-h | 2009-04-10 23:56 | ずっと前の1枚
春真っ盛りなのに、季節外れな冬の写真を投稿してみる (1)
snowy Kyoto Katsurazaka

今年はホント雪を見ることがなかったなぁ…なんて思いつつ。
[PR]
by dbl-h | 2009-04-09 22:21 | ずっと前の1枚
撮影意欲復活
the contrast of the evening light

昨年撮影した写真で、調整して仕上げて保管している写真を調べてみると 600枚弱。
D70 で一眼入門してから毎年 1,000枚強が保管されているのに比べると、半分程度。
おまけにサッカー(ガンバ大阪)の写真と、昨年終わりに DMC-G1 を買ってからの写真を除くと 200枚程度。
とにかく昨年は撮影意欲が減衰していて、夏以降はサッカー以外ほとんど撮ってなかった。
スナップ用の F100fd はともかく、DMC-G1 を買う時はそれが気になっていたが、逆に DMC-G1 を買ってから撮る意欲が戻ってきた。
新しい機材を買ったから、という理由は不純だけれど、軽量コンパクトな体制を作れたことで、気軽に持ち出して撮る気になったことは大きかった。
[PR]
by dbl-h | 2009-04-07 22:58 | ずっと前の1枚
三種三様
Mt. Fuji view from Nirasaki City

もう2年近くになる EOS-1D MarkIII に、昨年11月に購入した F100fd と DMC-G1。
フルサイズのハイエンド・プロ一眼レフに、ごく普通のコンパクトデジカメ、そして一眼とコンパクトデジカメの間の子。
今手持ちの3機種は、見事に違ったカメラになっている。
だからこそ、この3つは被らず、きちんと使い分けができている。
それぞれ不満はあっても、過去にないほど良い体制になってると感じてる。
写真は昨年末、出張の帰りに韮崎市釜無川沿いで DMC-G1 の試し撮りをしたもの。
[PR]
by dbl-h | 2009-04-05 15:34 | ずっと前の1枚
画質満足、操作性最悪
the Kofu basin view from train

DMC-G1 を買う少し前の昨年10月末、安売りしていた富士フィルム F100fd を買った。
F100fd は DP1 を買う前の昨春にも有力な購入候補だったが、店頭で触って操作性の激悪さに、ある程度対応力があるつもりの私も、これはムリ、と買えなかった。
それでも画質的には気になっていたので、発売当初4万円以上していたのが、半値以下になったので買ってみた。
そして実際に使ってみても、画質は(コンパクトデジカメとしては)満足、操作性は最悪すぎて、どれだけ罵詈雑言を並べても足りない。
特に露出補正のやり難さは最低中の最低だ。
でも、GR Digital → DP1 と続いてきた 28mm 単焦点から久しぶりにズームになって、これが持ち歩きカメラになってしまい、結局 DP1 を売ることにしてしまった…
[PR]
by dbl-h | 2009-04-04 11:37 | ずっと前の1枚
コンパクトデジカメと一眼レフの間の子
a dusk view from Kyoto Station Building

発表当初は「せっかくコンパクトにできる新規格を作ったのに、これじゃ意味なくね?」と批判的だった DMC-G1。
でも、11月の発売直後からやたら評判が良くて気になってきた。
画質も想像していたよりは良く、何と言っても実物をしっかり見て触ってみると、やっぱり小さい。
写真やパッと見は「別に他の小型一眼と大差ないじゃん」と思えるのだが、実際に Kiss や D40 等と並べてみると、その差は歴然。
そして思わず、衝動買いしてしまった。
もっとも仕事が激忙しい時期だったので、半月以上未開封のまま塩漬けになっていたけれど…
写真は、ようやく使い始めた昨年12月、京都駅にて。
[PR]
by dbl-h | 2009-04-03 14:28 | ずっと前の1枚