カテゴリ:最近の1枚( 280 )
どっちの iPhone でショー
iPhone 4? or 4S? (1)

iPhone 4? or 4S? (2)

さぁ、どっちが iPhone 4 で、どっちが 4S でしょーか!?


今日はメインブログの方に、iPhone 4S インプレッション記事の最終回を載せた。

個性派が優等生へ変身 ~ iPhone 4S セカンドインプレ4【カメラ編】

ぶっちゃけ、こんなに何回も記事にする予定はなくて、au 編と本体編の2回記事の予定だった。
最近 Apple, iPhone 関係の記事ばかりになっていて、本当は本意じゃない。

とはいっても、他にネタがあるわけでもないけどね…
いま書きかけの今後予定している記事は、デジカメ関係2本と iOS 関係3本。
書きかけといっても2本を除いては、色々テストした結果をメモしていたり、画面写真やサンプル集めてる段階だけど。

ともあれ、今回のメインブログの記事は iPhone 4 / 4S のカメラ比較だったので、
そこで使わなかったけれど、4 と 4S の比較写真を二十数枚撮っていて、差が最も小さかった写真を載せてみた。

差が小さいといっても、判る人には(EXIF 見ずとも)一発で判るはず。
iPhone 4 と 4S の差というよりは、iPhone 4 は iPhone 伝統の癖があるからね :-)

それを思えば、ホント iPhone 4S はニュートラルかつ優等生になった。感心した。
絶対デキるエンジニアが入ったとしか思えないわ…
[PR]
by dbl-h | 2011-10-29 23:41 | 最近の1枚
いま大阪でお決まりのアレ
Rubber Duck in AQUA METROPOLIS OSAKA 2011 FESTIVAL
(DMC-GF2 + LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6 / 84mm 相当 / 中之島)

次の予定まで時間がなかったこともあって適当に撮りすぎた。
と言い訳したところで、正直酷すぎて没にしたい写真。
もうちょっと意図を明確にするんだった…
この後、ほんの少しだけ移動したところから撮った iPhone 写真の方が良かった。

今日撮り直しに行こうかと思ったけれど、別段今日は大阪市内に用事はなかったし、
毎年見てるものだから、まぁ良いかな…
というわけで、数枚の写真からこの一枚を。
う〜ん…(´Д`)ハァ…

ま、私の撮り方も酷いが、なんか赤が飽和しまくって酷いな。赤べったり。
元々デジタルカメラは赤が厳しい物が多いが、今のマイクロフォーサーズは簡単に赤が飽和しちゃう気がする。
撮り方が悪いといえば悪いんだろうけどさ…
ちなみに、これは撮って出しで、彩度を上げたりはしてない。

ホント、写真って難しいね(´・ω・`)
[PR]
by dbl-h | 2011-10-28 23:31 | 最近の1枚
犬の散歩
taking a dog out for a walk
(PowerShot S90 / 28mm 相当 / 久屋大通リバーパーク@名古屋)

先日の名古屋での一枚。
あいにくの小雨模様だったが、ちょっと 30分ほどの空き時間で散歩しつつ iPhone 4 & 4S のカメラ性能比較用写真を撮っていた。
それとは別に PowerShot S90 で何枚かスナップを撮っていた。

ケータイのカメラがコンパクトデジカメを駆逐するだろうと言われて久しい。
今では駆逐する側が「ケータイ」ではなく「スマートフォン」になったが、尚そう言われる。
果たしてそうだろうか?

ここ5年10年は“デジタルカメラ・バブル”とも言うべき状態であり、
スマートフォンのカメラがコンパクトデジカメを駆逐するかどうか別にしても、
5年もすれば国内のカメラ市場は(コンパクトだけでなく全体として)縮小に向かっていくだろう。

もちろん、コンパクトデジカメにスマートフォンの影響がなくはないだろうと思う。
それはゲーム機と同じである。
ライトなユーザーは、全部入り的なデバイス=スマートフォンに流れる。

ライトなゲームプレイヤーは、専用ゲーム機ならではの時間のかかるコアなゲームは必要なく、
スマートフォンのそこそこの質でお手軽なゲームで十分満足する。
スマートフォンでは操作性が〜、作りこみが〜、といったところで関係ないのである。

同じように、写真をお手軽に撮るだけの層は、独立したデジタルカメラは必ずしも必要としてなく、
スマートフォンのそこそこの画質で簡単に撮れる写真で満足する。
コンパクトデジカメだと画質が〜、光学ズームが〜、といったところで関係ないのである。

ただ、必ず縮小していくであろうが、駆逐するというほどになるかどうかは疑問だ。
でも、そうなるかどうかはカメラメーカーの方向性にかかっている。

現在コンパクトデジカメの単価は下がる一方で、それをどうにかしようというカメラメーカーの模索もあり、
その中の一つが高級コンパクトのようなマニアックな路線だ。
単価を上げることもできて、メーカーにとっては当たれば美味しい話になる。

ただ、そうなればなるほど、一般層から遠ざかることになる。
マニアだけが使うものになっては、駆逐されたも同然である。

スマートフォンのカメラが良くなり、それで賄える範囲が広がるほど、コンパクトデジカメに対する出費意欲が減少するのは明らかである。
その時に単価の安い、納得できる価格で魅力あるカメラがなければ、売れ行きは下がるばかりだ。

カメラの入口としてのコンパクトデジカメを衰退させては、将来に良い影響をもたらすわけがない。
けれど、日本社会の景気が決して良くならない状況では、アレもコレも買うという人は少ない。
デジタルカメラを買う優先順位が、他に優先されるような状況であろうか。

となれば、スマートフォン時代において、安く魅力あるコンパクトを作ることは何よりも大切だろう。
スマートフォンでは撮れない写真が手軽に撮れて、出す気になる金額。

カメラ雑誌や世間の話題的には高級コンパクトカメラばかりが取り上げられることが多いけれど、
私はそんな方向に注力しているカメラメーカーより
廉価クラスに手を抜かず、しっかり作るメーカーを支持したいと思っている。

高い水準で理想に近いカメラを作る方が楽しいのは人として当然だろうけれど、
与えられた大きな制約の中で妥協を重ねつつも、できるだけ妥協のラインが高くなるように苦労している技術者を応援したい。

スマートフォンとコンパクトデジカメの関係については、色々思うところがあるのだけれども
ちょっと長くなりすぎるので、中途半端だけど、この先はまた別の機会に。
[PR]
by dbl-h | 2011-10-25 23:46 | 最近の1枚
逆光耐性
just before sunset
(DMC-GF2 + LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6 / 70mm 相当)

新しいXレンズ「LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6」の逆光耐性を見るために、
夕暮れ間際の太陽を正面に、やや横にして、ガシガシとテスト撮影していた。
そんな中の一枚。

パンケーキサイズの沈胴式超小型ズームレンズであるから、逆光耐性あたりは期待していなかったけど、
意外や意外、と言っては失礼かもしれないが、全然問題ない。
条件によっては1つ2つゴーストが発生する場合もあるが、概ねゴーストもフレアも出ない。
さすが新コーティングを採用したと謳うだけある。

このXレンズシリーズは価格的にさほど高価ではないけれど、描写重視のレンズでもあるらしく
このサイズ感から予想されるよりはずっと良い描写をしているように思う。
撮っていて気持ちの良い、キレ重視のレンズという印象だ。

電動ズームゆえにズームリングもフォーカスリング木レバー操作ではあるが、レンズの質感も悪くない。
オリンパスのマイクロフォーサーズ・レンズのように小型軽量なのは良いがチャチさ満点ということもなく、
使った経験のあるパナのレンズの中でも、LUMIX G VARIO 7-14mm F4 を除けば上々の部類に入る。

ただ、以前 7-14mm を使っていた時も感じたことだが、レンズが良いとボディ側、撮影素子側が残念だなぁ〜と思うことが多くなる。
ISO 100 / 200 なら気にならなくても、400 を超えると途端に画質の低下が顕著になる現在のマイクロフォーサーズ。

レンズが良ければ良いほど、気に入れば気に入るほど、もうちょっとボディ側が頑張ってほしいなーと思う。
でなきゃ、また手放してしまいそうだからね…


で、メインブログの方は昨日に続いて、iPhone 4S のセカンドインプレッションを掲載。

迷うなら5まで待てばいい ~ au 版 iPhone4S セカンドインプレ【iPhone 4S 買い替え編】

言いたいことは表題の通り。3G/3GS ユーザーならいざ知らず、4ユーザーは迷う・悩むなら待ちが正解。
満を持して iPhone 5 へ突入すれば良い。
Mac 系の媒体・ライター・信者が何を言おうと、iPhone 4S は大した変化のないマイナーチェンジ機だ。
[PR]
by dbl-h | 2011-10-24 23:25 | 最近の1枚
六甲枝垂れ Lightscape in Rokko by 六甲ミーツ・アート芸術散歩 2011
Rokkou Shidare (one of the art work of Rokko Meets Art event)
(DMC-GF2 + LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6 / 28mm 相当 / 六甲ガーデンテラス)

今日は夕暮れ時に南西の空がかなり良い感じだったのだが、近所のショッピングセンターへ行くだけだったので、デジカメを持っていなかった。
ということで、1週間前の六甲山での一枚。

六甲でもメジャーな展望台の一つ、六甲ガーデンテラスの横にある「六甲枝垂れ」。
それを派手にライトアップさせているのが「Lightscape in Rokko」という芸術作品だそうで、
去年に続いて行われている「六甲ミーツ・アート芸術散歩 2011」の作品の一つ、らしい。

まぁ私みたいに「芸術なんて判らん!」という人にとっては、
これが芸術とか言われても、(´Д`)ハァ… でしかないので、まぁ何とも言いようがない。
単なるライトアップじゃん?としか思えない。
身も蓋もなくてスイマセン。

というか、ここは元々“廻る十国展望台”だったのだけど、いつしかこんなもんになっていて
今は“六甲枝垂れ”などという“廻る十国展望台”に比べりゃ手抜きみたいな展望台なのに金を取るわけだから、なんだかなーである。
(私が東京在住の間に周辺も合わせて再開発された)

大阪へ戻ってきた後、こんなライトアップをしてない時に始めて来て、こんなもんに金取るの!?マジで!?って思ったし、
確か“廻る十国展望台”の時は 200円だったはずだから、ここへ入る時に 300円とか言われて、アホかと思ったね。
もちろん、私一人で車流しに来たその時は絶賛スルーだったのは言うまでもない。

上がってみても、下のガーデンテラスより多少は景色が良いとはいえ、大差ない。
標高差は 20m かそこらだから違いは知れている。

というか、ガーデンテラスも小洒落たエリアになったのは良いけれど、
駐車場は昼夜関係なく有料になってしまったし、なんだかなーである。

あ、そうそう、今ちょっと「六甲ミーツ・アート芸術散歩 2011」を見たら、

リコーフォトコンテスト in 六甲ミーツ・アート 芸術散歩2011

というイベントをやってるのを知った(芸術散歩イベント同様 11/23 まで)。

こんなことなら GXR でもっと写真をとっておくべきだった〜
…なんて思わないけどね。
アートすら判らんのに、アート作品を題材にアートな写真なんか撮れるわけがない。


さて、メインブログの方に iPhone 4S に関するインプレッション記事第2弾を掲載した。

満足。でも他人に薦めない建前と本音 ~ au 版 iPhone 4S セカンドインプレ【au編】

まぁ、なかなか書きづらくて、結局無駄に長くなってしまった。
実際に言いたいことは3行で済むんだけど。
最も言いたいことは1行で済むんだけど。

「お前ら、俺の au 満足環境を邪魔しないように au へ来んなよ」

それが本音だけど、何か問題でも?
[PR]
by dbl-h | 2011-10-24 01:16 | 最近の1枚
定点観測
a scene of the north area at Umeda, Osaka
(DMC-GF2 + LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6 / 50mm 相当 / 梅田)

iPhone でいつも写真を撮って、Instagram & Flickr, Twitter に投稿している、ショップ「ラジオショック」横からの写真。
いつも iPhone なので、たまには大きなカメラで :-)

ラジオショックができてから3年数ヶ月くらいだと思うが、
開店当初から来ているけれど、ここからの景色も随分変わった。
特に去年から駅の北側の再開発が本格的に始まり、高層ビルが建設されはじめてからは、あっという間だった。

もうすぐ、昔はここは何だっけ?と思うようになるのだろうな。
特に歳食って、物忘れが激しくなってるし。

まぁでも、梅田の再開発と言えば、記憶にあるのは大阪駅前ビルとか茶屋町とか。
小学校5〜6年頃になって梅田で遊ぶようになったけれど、ちょうど第3ビルとか第4ビルができたころ。

当時、西日本一の高層ビルだった第3ビルの上層階にマイコンショップがあって
(名前は COM だったかな。システムイン秋葉原の関西店だったはず)
大阪の街が展望できる休憩スペースにドリンクコーナーがあったので、梅田に出かけた時は必ず寄っていた覚えがある。
COM ができて行ってたのは、小学生でなく中学生の頃だったかもしれないが。

茶屋町再開発になると、始まったのが大学生の頃だったせいもあって色々覚えてるけど
当時はもう東京大阪を良く行き来してたから、なんか東京っぽいのが入るんだねー、という感じで、梅田ロフト以外は関心はなかった。
というか、ロフトにあった WAVE で レコードに使った金額は 100万では効かないはずだ。
ホント勿体無いことをした(^_^;)

個人的に茶屋町再開発より遥かに印象的だったのは、旧国鉄大阪鉄道管理局跡地にヨドバシカメラが来ると決まったこと。
当時既にヨドっ子になりつつあった私としては大歓迎だった。
が、落札直後に関西メディアで否定・批判の声を中心に取り上げていたのも、よく記憶している。

特に日本橋の電気屋街を始め、関西の電気屋の連中が
「原則値引きなしのポイント還元なんて、大阪人に合うわけがない、失敗する」と言ってたのは有名な話であり、
その結果がどうなったかも周知のとおり。

関西の電気屋が「大阪は違う、関西は違う」などと、ほざいていた結果は悲惨なことになったし
今を鑑みれば、色々なメーカーその他が「日本の市場は…、日本人は…」と言っていたことに繋がっているように思う。

とまぁ、ジジイモードの回想語りになってしまった…(^^;)


今日のブログ更新は↓

au 版 iPhone で無料利用できる公衆無線 LAN サービス「Wi2 300」設定方法と利用雑感

連日 au版 iPhone 4S ネタを投下しているが、準備しているネタもそろそろ尽きてきたし、
別に iPhone ブログをやってるわけでもないので、あと2〜3回で区切りをつける予定。
[PR]
by dbl-h | 2011-10-21 22:24 | 最近の1枚
照明
the lighting of stadium
(EOS 7D + 18-270mm F3.5-6.3 Di II VC PZD / 29mm 相当 / 長居陸上競技場)

一昨日の日本代表戦@長居スタジアムでの一枚。
雨ではなく晴れていたし、秋ゆえに暖かくとも蒸し暑い天気でもなかったのだが、スタジアムの照明がかなり白く流れていた。
スタジアムを包む熱気のせいだろうか。

さて、今日は未明の iOS 5 のリリースに始まって、MacOS X やら Apple TV やら何やらのアップデートが目白押し。
おまけに、Apple のサーバー負荷が厳しい状態になったようで、あちこちでアップデート不具合のツイートなどを見るし
私自身も OS などのアップデートファイルのダウンロードに1時間2時間当たり前という状況になっていた。

まさにアップデート地獄のような一日だった。
別名、祭り(笑)

別作業をしながらアップデートを行なっていたが、こんな状況では集中力もあまり出ず
珍しくメインブログの方を何回も更新してしまった。
たぶん1日に3回も記事を投稿したのは初めてじゃないだろうか。

恒例!? 真夜中2時すぎの iOS 5、そして諸々アップデート到来
サークルKサンクス、恒例のカルワザ iTunes Card 割引セール開始
愛用 XPERIA mini がイー・モバイルから Sony Ericsson mini として発表などなど

まぁ3回更新したからといってアクセス数が3倍になるわけでもなく(検索からが多いので増えて 1.5倍以下)、
またアクセス数が増えたところで何もメリットもない(うちはアフェリエイトがアクセス数に比例しない)ので、
頻繁に記事を投稿するのは単なる自分のはけ口でしかなかったりする。

ちなみに、明日は一応 au の iPhone 4S を契約しに行く。
ホント au のやる気のなさを買う前から痛感してる。
どう考えても人柱。

ただ、購入してすぐに判断できるものじゃないので、期待している人は気長に待ってくださいな。
[PR]
by dbl-h | 2011-10-13 23:40 | 最近の1枚
夕陽に照らされて
the building shined by sunset light
(EOS 7D + 18-270mm F3.5-6.3 Di II VC PZD / 176mm相当 / 梅田@大阪)

今日は墓参りなどで出かけていて、良い天気ではあったが写真を撮るような余裕もなかったので、
先日 B008 (タムロン 18-270mm F3.5-6.3 Di II VC PZD)の試し撮りをしていた時からの一枚を。

もう1つの高倍率ズームであるシグマの超望遠レンズ「APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM」に比べると、
色収差が少ない点は高倍率ズームなのによく補正されていると感じる。
反面、何度も書いてるがフォーカスに関しては今ひとつ信用できない。
50-500mm その他のレンズだと問題ないのにねぇ…

旅レンズにしようと思っているだけに、一期一会な、その時の一枚をピンぼけで撮る訳にはいかない。
どんなに画質が悪かろうと諦められても、ピンぼけはそれ以前の話だ。
それだけは泣きたくなるので、そうならないように癖を掴んでおかねば…


さて、メインブログの方はすっかり iPhone 4S 買うぞブログになっているわけだが(^_^;)
昨日今日と自分なりの情報整理をした記事を書いている。

iPhone 4S、ソフトバンクと au の価格比較表
iPhone 4S、現時点でのソフトバンクと au の機能・サービス比較

まぁホント、「俺みたいなタイプは、au で買うと損するんだけどなぁ…」と思いつつもau で人柱になるのを止められない(笑)
そういう精神が少しでも残っていれば、まだ老けこんではいないかな?と思ったり。
最近、すっかりチャレンジャー精神がなくなってきてると自覚するだけにね…(-_-;)
[PR]
by dbl-h | 2011-10-08 23:45 | 最近の1枚
スリー・トリプル・ダッシュにひゃく
Three B777-200s
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO / トリミング / 福岡空港)

一昨日、福岡空港に着いたのち、高速バスの時間まで30分少々あったうえ(日田行きは少ないのだ)、
ラーメン屋も空いてない時間だったので、送迎デッキへ。
まぁ基本ですな :-)

ただ、福岡空港の送迎デッキは屋内デッキはもとより、屋外デッキも高いガラスに阻まれていて、
いつ行ってもそのガラスが汚いので、到底ちゃんと写真を撮りたくなるような場所でなかったりする。

福岡は滑走路が1本しかない割には、国内線国際線ともに便数が多くて離着陸は頻繁だし、機体も多種彩々。
撮影していて面白い空港だけれども、空港デッキは国内線国際線両ターミナルともにガラス張りなのが本当に残念。
福岡空港での飛行機撮影は他にも良い場所はあるので問題ないかもだが…
(でも改修のたびにフェンスは高くなっていき、フェンスの目も細かくなるのは、他の空港と同じである)

で、たまたま B777-200 が3機並んでいたので、汚れたガラス越しではあったけれど、一枚撮影。
ANA、JAL 新塗装(鶴丸)かつ嵐ジェット、JAL 旧塗装の3機。

この写真では奥の2機なので判りづらいが、JAL 機は新旧塗装で白さが違う。
旧塗装は白といっても若干ベージュがかっていたが、新塗装は純白に近い白である。
嵐のシールペイントは要らんけどね。
と言っても、この朝も嵐ファンであろう女子中高生が嵐ジェットを見にきていた。

ちなみに、前の週に羽田へ飛んだ時には、この機体 (JA8982) に乗っていた。
でもって JA8982 と言えば、やっぱり「スタージェット」のヴェガですよね…
JAL が B777 導入にあたって1号機からシリウス、ヴェガ、アルタイル、ベテルギウス、プロキオンと名付けた「スタージェット」

ああいうの良かったのになぁ…
嵐に限らず最近多い、人の顔をシールペイントするのは趣味悪いよ…
[PR]
by dbl-h | 2011-09-27 23:45 | 最近の1枚
物足りない一日(9月19日更新分)
shopping mall called "Nakano Broadway"
(iPhone 4 / 中野ブロードウェイ)

元々雨予報だった3連休。
最終日は完全に雨予報だったのに、曇り時々晴れくらいには天気がもってくれた。

天気が快晴ならレンタカーを借りてドライブに行こうと思っていたし、
これくらいの天気でも GXR 持って箱根か鎌倉へ写真を撮りに行こうと思っていた。
が、GXR は壊れた。

ノーファインダー&お任せで撮れば撮れなくもないとはいえ、昨日の横浜港クルーズと同じで、せっかくなのにカメラが…という気持ちは避けたい。
というわけで、すっかり写真撮り旅に行くのは萎えてしまった。

そしてホテルに引きこもりで仕事をしようと思ったが、今度はノートパソコンの AC アダプターを忘れてきている。
にっちもさっちもいかない。

というわけで、翌日の予定からできるだけ予定を前倒ししてこなすことに。

カメラも iPhone 4 しかない状態になって、身軽だけど物足りなかった。
この日は都内をあちこち動くことになったので、さほど写真を撮る感じはなかったから iPhone でもあまり撮ってなかった。
それでもなんとなく物足りない気はした。

なので、今日の一枚は中野へ行ったついでに、中野ブロードウェイでの一枚を。
ここは独特の雰囲気があって好きだ。

でもまぁ、凹むと言うか怒りを禁じ得なかったことがあったので、中野へ来る頻度も減るかな。
フジヤカメラに来ることはあるだろうけど(笑)
[PR]
by dbl-h | 2011-09-19 23:59 | 最近の1枚